かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2018年06月12日

想像力

180612juice.JPG
年長の仲良し二人組。最初は職員が切った木の枝の葉っぱを使った色水遊びをしていた。色水をPETボトルに入れると、自動販売機を連想して廃材でそれらしいものを作った。そしてお金を入れてボタンを押して取り出して、飲むふりをして楽しんだ。想像力があれば遊びは無限に広がる。

おそろいの服を着ている仲良しの姉妹。きれいな服も大好きだけど、それ以上にどろんこ遊びが大好き。しっかり遊んだので、スカートの裾は泥だらけになった。でも足洗い場で洗えばいいんだ。洗濯も大好き。
180612dress.JPG


posted by Kaede at 22:39 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ