オフィシャルサイトブログサイト
2017年11月02日

秋の里

171102rekishi.JPG
田んぼを中心とした秋の里を楽しむ「秋の里遠足」を行う。園から年中、年長は約3km、年少は1.5kmを歩くから、1年の中でも一番遠足らしい遠足でもある。行程の半分は「歴史の散歩道」という自然豊かな旧山陽道。子どもたちがうつむいているのは疲れているからではなく、大量に落ちているドングリが気になるから。

秋の里ではワラのまかれた田んぼで弁当を食べ、走り回ったり、ふかふかのワラを使って遊んだ。年長児ははしごに登って富有柿を一人1個ずつ収穫した。今年の子たちは天候に恵まれていて、今日も小春日和の好天だった。
171102kaki.JPG

posted by Kaede at 23:08 | 園長のきまぐれ保育日誌