オフィシャルサイトブログサイト
2017年11月01日

育つ

171101sakana.JPG
年中T組の部屋には、お菓子屋、帽子屋、かき氷屋などお店屋さんがいっぱい。そして魚屋だったはずの所は水族館に変わっていた。はじめは担任に手を添えてもらって筆を動かしていたY君だが、おもしろさに目覚めたのか、一人で白い線を力強く引いた。タチウオだと担任は言っているが、そうとも見える。

「はぜ」に干した稲、手押しポンプから流れる水、裸足で遊ぶ子ども…。昭和の風景だ。子どもを育てるには、いや、子どもが育つにはいい時代だったのかもしれない、と、昭和育ちの自己肯定。
171101showa.JPG

posted by Kaede at 17:54 | 園長のきまぐれ保育日誌