かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年07月16日

形から

210716koji.jpeg
満3歳児保育「みつば組」の9月開設に向けて進んでいる新園舎の床張り工事を、年長2クラスが見学に来た。現場責任者の私が、床板の寸法調整の手順などを実演しながら解説。子どもたちも興味津々で見ていた。質問を求めると「なんでそんなのかぶっているの?」と私の頭の手ぬぐいに注目が集まった。「頭を守るためと汗が流れてこないようにするため。それと、これをかぶると『大工さんをがんばるぞ!』って気になるから」と回答。形も大切だよ。(職員撮影)
210716shiawase.JPG
未就園児の園庭開放も今学期は今日が最後。軒下でのお話し会は「幸せなら手をたたこう」からはじめた。
210716yane.JPG
梅雨明けは宣言されたが、毎日一度は雨が降るすっきりしない日々。もっともすっきりしたら猛烈な暑さがやってくるだろう。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年07月15日

成功!?

210715teppo.JPG
年長の水遊びでは職員が作った竹の水鉄砲が出されたが、なかなか力もいるし要領も難しい。さんざん苦労していたR君。私が助言しようとして近づいたことたんに成功。それはいいが、水が私のカメラを直撃!
210715shugyo.JPG
人生は修行だ。
210715kokage.JPG
園内で一番大きいクスノキの下は、この季節にはいい木陰。上品な会話もはずむ…。と思ったら、この直後に出てきた言葉は「撮るなー!」
210715kabuto.JPG
立派なカブト虫。
posted by Kaede at 22:41 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年07月14日

現象

210714katakuri.JPG
年中2クラスの水遊びの一コマ。片栗粉を水で溶くとネバネバとも違う不思議な感覚のシロモノができ上がる。圧力をかけると個体状になり、緩めると液状になる。こういうのをダイラタンシー現象と言うそうだ。初めて知った。そしてたぶんすぐ忘れる。何はともあれ楽しめました。
210714gakko.JPG
学校ごっこ?先生は厳しいが、子どもたちは明るくて活発。(年長A組)
210714ori.JPG
「ヘッヘッヘ。かわいい子をたくさんつかまえてやったぜ!」というわけではありません。風通しの窓を外から。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年07月13日

似合う

210713sushi.JPG
「お寿司屋さんだよ。だからマスクがいるでしょ。トロとサーモン、いかが?」
210713happen.JPG
「どうしたの?そんなに落ち込んで」
210713asagao.JPG
木造のさざなみ園舎に咲いたアサガオ
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年07月12日

夏の誕生会

210712tanjo1.JPG
21人もいた7月生まれの子の誕生会を行う。職員の出し物は、ご覧のような人形(?)を使っての、劇仕立ての、コメディ仕立ての…一体何と言ったらいいのか。つまり、こんな出し物だった。子どもたちは大喜びだったが、「職員の目が白けていた」というのが出演者の弁。
210712tanjo2.JPG
そして、出し物後半に登場したのは、相撲取りではありません。盆踊りでもありません。浦島太郎でもありません。そう!フラガールです。
210712sagyo.JPG
放課後、職員は隣接する道路の溝そうじ。ここの流れが悪いため園内に雨水があふれる原因になっている。ところがまたまた激しい雨が振り出し、作業は中断。職員はずぶ濡れになったが、雨が上がった夕方には、梅雨明けの使者ヒグラシが鳴いた。
posted by Kaede at 18:05 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ