かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年05月11日

スタート

210511uketsuke.JPG
今年度の新事業である親子登園「(新)かえでっこくらぶ」が今日からスタート。感染対策のため短縮バージョンだが、2歳児の親子限定10組が新園舎にやってきた。年長女子たちが張り切って「こんにちはー」「おなまえはなんですか?」などと受付嬢をやってくれ、てんてこ舞いの担当者を助けてくれた。
210511kaedekko.JPG
パネルを使ってのお話タイム。内容も環境も手探りの部分は多いが、「ともに作る」そして「遊んで育つ」という園のモットーは変わりなく貫けるようにしたい。
210511kome.JPG
年長児たちによる1年間の米作りがスタートした。今日は昨年収穫した籾から種として使えるものを選別し、厳密に温度管理したお湯で5分間消毒をするところまで。実際の作業は大人がやるが、温度計をにらみながら微妙な火力調節を行う職員を、子どもたちは60秒を5回数えながら見守った。次の仕事は1週間後。
210511ochiba.JPG
この時期、園庭のシイの木の下には大量の落ち葉が積もっている。そして独特の花の香りがただよう。地味な花だが今が満開。
posted by Kaede at 18:47 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年05月10日

センダンは…

210510yahoo.JPG
自然林の遊び場「かえでの森」に年少2クラスが出かけ、小さい森を回りながら注意事項などを確認した。雨で1日遅れたが、これで明日から森まで遊び場を広げてよさそうだ。S組の子たちは森に張り出したデッキから、大声で「ヤッホー!」をくり返していた。こだまが帰ってくるわけではないのだが、緑に向かって叫ぶ気持ちよさは格別だ。これからここを「ヤッホーデッキ」と呼ぼうかな。
210510sendan.JPG
20日ばかり前に、拾った藤の花房が自分の帽子と服の色と同じだと気づいたYちゃん。今日は開いたばかりのセンダンの花を見つけると、すかさず「私の帽子とおんなじ色!」と叫んだ。さすが、双葉より芳しいぞ。

★13日(木)に予定していました、満3歳児のオープンキャンパス&説明会は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、予定を変更して見学のみを行います。園児募集等の説明は動画で配信いたします。詳しくはWebサイトの「お知らせ」ページをご覧ください。
posted by Kaede at 18:46 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年05月08日

現場力

210508gakugai.JPG
園児が休みの日を利用し、広島市内H大学幼児教育科2年生の学生が園に来ての学外授業を行う。私の講義だけでなく、職員にも事例を紹介してもらったり、園の環境を案内したり、コマ回しなど遊びの体験も交える多彩な授業。今年の学生たちはとてもおとなしい印象だったが、それは1年生の時の授業がほとんどリモートだったため、学生同士の関係が薄いからだと気づいた。気の毒な学年である。感染が広がっているので、出来る限りの間隔を取り、扇風機で換気しながらの授業となったが、学生たちの集中力が高かったのは幸いだった。
210508lunch.JPG
実際の園の環境に触れるのが目的の授業だから、これだけはリモートではできない。昼食もできるだけ屋外に出てもらったが、気持ちの良い気候だったのが幸いで、学生たちも心地良い春風を楽しんでいた。
210508bee.JPG
園の南斜面では、無数に咲いているノイバラの上をマルハナバチが飛んでいた。花から花へせわしなく移動する。
posted by Kaede at 20:42 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年05月07日

個性

210507mori.JPG
昨日の全体への話を受けて、今日は年少H組がかえでの森へ出かけ、現場で説明会を行った。1か月余り子どもたちが入らなかったので、階段道もこんなに茂っている。
210507top.JPG
コマ回し5回連続成功を果たしたTちゃん。祝福しようとした担任の手をくぐり抜けて走り去ったかと思うと、帽子で顔を隠して戻ってきた。「恥ずかしかったの?」と聞かれると首を横に振った。喜びと達成感があふれるこの瞬間の感情表現は、本当に個性的で多様だ。
210507train.JPG
鉄道マニアのK君。今日は落書きコーナーにチョークで実物大の寝台車の設計図を描いた。担任に寝てもらってサイズを確認。
210507letter..JPG
年中のAちゃん、Mちゃんが手紙を持って来て「えんちょうせんせい、だいすき」と朗読してくれた。ありがとう。もっとも手紙の字は「へんちょうせんせい」だったけどね。
posted by Kaede at 21:53 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年05月06日

広がる遊び

210506doll.JPG
連休明け。全園児がこもれびホールに集まり、今日から解禁する水遊び用手押しポンプと、近々オープンする自然林の遊び場「かえでの森」について紹介と注意を伝えた。案内役はすっかりアイドルになったひよこちゃん。そして今日は「えんちょうくん人形」も登場。あとで、同じ服装の本物も登場。
210506pump.JPG
暖かくなった午後は早速ポンプに人だかりができた。「かーわって」の声が飛び交った。
210506top.JPG
年長児たちにはコマ回しを5回連続で成功させるとコマプレゼントの企画も発表された。早速1号でゲットしたのはHちゃん。ますます遊びの範囲が広がる5月のスタート。
210506grass.JPG
土山の上をスコップで掘っていたのは、4月に転入した年長S君。「何してるの?」「雑草を抜いてる」「そうなんだ。でもここには草があった方が雨で土が流れないから助かるんだ。虫も喜ぶしね」「分かった」と素直に埋め戻してくれた。ありがとう。前の園では雑草は邪魔者だったのかもしれないね。ここでは仲間だよ。
posted by Kaede at 18:37 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ