かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年04月23日

誕生会

210423tanjo.JPG
今年度初めてとなる4月の誕生会を行った。出し物のミュージックパネルでは、今日から出した大型箱積木の使い方をテーマにしたが、入園式にも登場したひよこちゃんが出てきたので、注目度がぐっと高くなった。
210423kusa.JPG
田んぼにたくさん生えているカラスノエンドウの豆をつんで食べるのが最近の流行。害がないどころか、「クックパッド」にもレシピが載っている食べられる野草である。生では美味しいとは思えないが、年長児たちには大人気。
210423tree.JPG
お弁当を外で食べる子も多くなってきたが、さすがに日なたでは暑い。大きなシイの木の下は人気ポイント。話も弾む。
210423dango.JPG
お茶でもいただくような正座でどろだんご作りをする年中Mちゃん。これぐらい心穏やかに作れば、さぞ名作が生まれるだろう。
posted by Kaede at 17:21 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年04月22日

秘密の花園

210422tanken.JPG
年少T組が園内探検を行う。年長T組の部屋を覗くとおにいちゃん、おねえちゃんたちが歓迎してくれた。普段は他のクラスでも自由に出入りしているのだが、こうしてまとまって訪問すると、特別感があるようだ。210422shell.JPG
外の手洗い場には、コンクリートの中に貝殻や水晶やビー玉が埋め込んである。年少児たちが「これ何?」「チョコみたい」「「オレはこれが好き」などと、新しい発見を楽しんでいた。
210422uro.JPG
木登りによく使われる大きなツブラジイの木の根元にあるうろ。イロハモミジの芽が出ているのに私は初めて気づいたのだが、子どもたちはとっくに気づいていたようだ。シランの花びらが飾ってあった。
posted by Kaede at 17:36 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年04月21日

トラブル

210421mamagoto.JPG
「○○をこわされたー」「石を投げられた−」などで涙が出る子が目立った一日。慣れるに従いトラブルが増えてくる時期である。水を持ち込んではいけないのがルールのままごとハウスの食器に水を入れて遊んでいた年少児がいた。年長の子たちが「しょうがないなあ」という顔で、水を捨ててくれた。自分たちも通った道だからね。
210421nensho.JPG
しっかりと手をつないで力強く歩く年少の3人組。実は入園当初は涙がよく出ていた3人。仲間がいればもう大丈夫。
210421fuji.JPG
落ちていた藤の花房を拾った年少のYちゃん。「帽子も服も同じ色だね」と声をかけると、初めて気がついたように自分の服を見返した。
210421mori.JPG
年中2クラスはかえでの森の一番下まで出かけた。まだ最盛期が続くタケノコを見つけて大喜び。早速掘って持ち帰り、フリーの先生に調理をお願いした。明日のお弁当時間が楽しみだ。
posted by Kaede at 22:09 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年04月20日

春の里

210420renge.JPG
年長2クラスは、園児のおばあちゃんの田んぼにレンゲ摘みに行かせていただいた。例年よりレンゲは少なめだったが、何しろ田んぼはとても広いので、「一面に」という表現がふさわしく、思わず走りたくなる。子どもたちは花を摘んで飾りを作ったり、草笛に挑んだり、カエルやバッタを見つけたりして春の里を満喫した。
210420school.JPG
その田んぼはちょうど小学校の裏手になるので、帰りには体育をしていた1年生と遭遇。卒園生が駆け寄ってきて元担任と言葉を交わし、子どもたちも「この前までたいよう組だった人じゃ」と手を振り返した。
210420tanken.JPG
年少組ではそろって園内探検をするクラスも出てきた。「ここは職員室。困ったことがあったらここにおいでね」などと説明しながら、あらためて自分たちの環境を認識する。
210420carp.JPG
今日から園舎のポールに鯉のぼりが上げられた。「僕が作った鯉も大きいよ」
posted by Kaede at 23:03 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年04月16日

初弁当

210416lunch.JPG
今日から年少もお弁当が始まった。朝から楽しみで、来たとたんに開けて見せる子もいるほど。やっとその時間になっても、まずいすとテーブルとテーブルクロスを準備し、かばんをかけ、袋からお弁当とコップを出し…という手順を「まだ待ってね」と何度も繰り返しながら伝えていく。そしてやっと揃って「いただきます!」。社会人になるのは大変だ。
210416tsuchi.JPG
春休みに業者がダンプで園庭に下ろしていった土もだいぶ減ってきた。今日は残った土を園舎裏の「どろだんご場」に運んだ。年少の子たちもがんばりましたよ。
210416daruma.JPG
年中T組は、こもれびホールで「だるまさんがころんだ」に挑戦。卒園した子たちの姿を見て、やってみたいと思っていたのだろう。ルールもほぼ理解していた。
210416fuji.JPG
綱渡り、猿渡りなどの遊具とピザ窯がある藤棚は、まさに満開。

posted by Kaede at 17:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ