かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2021年03月16日

到着

210316karuta.JPG
創立40周年記念で作成していた「かえで幼稚園カルタ」が遂にできあがり、第1陣の製品が幼稚園に届いた。厚い紙をカットするのが機械ではうまくいかず、結局手作業で切っていったとのことで、数は限られているが、とりあえず年長の部屋に持ち込んだ。子どもたちの注目度も最高。早速カルタ大会が開かれた。
210316nawa.JPG
今年度も残るところ少し。なわとびで二人跳びを見せてくれる年中児などを見ると、もう年長が近いことを感じる。技術的に何かができるからではない、こうして上手に共感できるところが、年中から一皮むけたことを感じささせるのだ。
210316entei.JPG
卒園までにやりたいことを挙げていったら、とても時間が足りない年長児たち。今日は2クラス一緒に鬼ごっこやゲームを楽しんだ。園庭を縦横無尽に疾走する姿を見ていると、さすがに広い園庭も彼らにとっては少し狭くなったのかな、とも感じる。
210316sakura.jpg
広島市では、全国のトップを切って桜の開花宣言が出された。幼稚園の桜はまだまだ、と思っていたら、結構開花が近そうなつぼみも見られた。毎日見ておかなくては。
posted by Kaede at 22:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年03月15日

様々な春

210315nensho.JPG
今年度で退職する男性教諭の離任式を行った。私に次いで当園でのキャリアが長い35年。親子2代の担任を受け持った例も多い。、各クラスの子どもたちからプレゼントが寄せられた。年少H組からはみんなで作った花束。
210315nencho.JPG
年長T組の子どもたちは、本人を囲んで謳った歌の最後で、一斉に紙吹雪を投げ上げた。時節柄子どもたちだけで行ったが、放課後などにお別れに訪れる保護者、卒園生なども多い。
210315bed.JPG
彼が作った4畳半の広さがある、ままごと用のログハウスには、先日仕上げたベッドが置かれていた。寝転がると窓から森の緑が見える。最高だ。
210315kuroki.JPG
そのかえでの森では、クロキの花が満開を迎えていた。この森ではありふれた木で花も地味だが、春の訪れをはっきりと告げてくれる。
posted by Kaede at 23:08 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年03月12日

さりげなく

210313enka.JPG
年少、年中全員が観客になり、年長を見守る「子どもたちの卒園式」を行う。リハーサルではあるが、行事としての重要さは本番と同じである。式の始まりには園歌「太陽とあそぼ」を歌う。このメンバーで歌うのはこれが最後。
210313support.JPG
一人ずつ名前を呼ばれて証書を受け取るが、どうしてもプレッシャーを感じるN君は、サッカー仲間のH君が支えてくれた。大人から言われてやったのではない。そして、前から引っ張るのではなく、、目立たないように後ろから支える姿勢を自然に取っているのは、何でもないようだがすごいことかもしれない。(職員撮影)
210313taijo.JPG
退場する卒園児たち。緊張から解放され、ホッとしたような、自信が一つ加わったような表情に見えないか。(職員撮影)
210313guchoki.JPG
「♪グーチョキパーで何作ろう♪」向かい合って声を揃えると、2倍嬉しい。年少H組にて。
posted by Kaede at 22:56 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年03月11日

春の足音

210311mushi.JPG
「虫が出てきた」「ハチが飛んでる」などという声が聞かれるようになった。年中のR君が木の粉の中から見つけたのはゴミムシの仲間。年長の女の子たちが「これなに?」と森から摘んで来たのはアセビの花。春がどんどんやって来ている。
210311nensho.JPG
年少T組の子たちがこもれびホールでやっていたのはハンカチ落とし。年少児には少し難しいかと思ったが、ルールをよく理解していた。落とす方も落とされる方もドキドキするところが魅力。
210311bed.JPG
今年度で退職する男性職員が塗装しているのは、ままごとハウスでの遊びが広がることを願って作った子ども用のベッド。彼にとっても卒園製作。
posted by Kaede at 21:33 | 園長のきまぐれ保育日誌
2021年03月10日

15年後には?

210310capsel.JPG
年長2クラスは数日前に掘り終えた大きな穴に、卒園記念のタイムカプセルを埋め込んだ。発泡スチロールのリンゴ箱4個分にもなる。約1時間かけて穴は元の地面に戻り、目印の看板が立てられた。掘り出すのは15年後の2036年。「おしゃれじゃなくて掘りやすい服で来るんよ」と担任は言っていたが、さあ、どんなお兄さん、お姉さんになっているだろう。
210310soccer.JPG
その後T組は卒園までにやりたいことの一つ、全員でのサッカーを楽しんだ。人数が多すぎてゲーム的な盛り上がりは今一つだが、「みんなで」というところに意義と喜びがある。
210310janken.JPG
こもれびホールに集まったA組は、Sちゃんが小学校の一日入学で習ってきたというジャンケンを使ったゲームを楽しんだ。習ったことをちゃんと説明できるところが、もう1年生だね。
210310deck.JPG
うららかな一日。年中T組の子たちは新園舎前でお弁当を広げた。このデッキがあるだけでも新築した理由になるぐらい最高の場!
posted by Kaede at 19:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ