HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2020年08月06日

真理

200806monument.JPG
被爆直後「75年は草木も生えぬ」と言われた広島。今日その75年が経ち、幸い草木は大きく茂る街になった。しかし、平和の花はあと何年で咲くのだろう。
今朝の平和祈念式典での県知事のあいさつには感動した。その一部から。
「なぜ,我々広島・長崎の核兵器廃絶に対する思いはこうも長い間裏切られ続けるのでしょうか。それは,核による抑止力を信じ,依存している人々と国々があるからです。しかしながら,絶対破壊の恐怖が敵攻撃を抑止するという核抑止論は,あくまでも人々が共同で信じている「考え」であって,すなわち「虚構」に過ぎません。万有引力の法則や原子の周期表といった宇宙の真理とは全く異なるものです。それどころか,今や多くの事実がその有効性を否定しています。
 一方で,核兵器の破壊力は,アインシュタインの理論どおりまさに宇宙の真理であり,ひとたび爆発すればそのエネルギーから逃れられる存在は何一つありません。したがって,そこから逃れるためには,決して爆発しないよう,つまり,物理的に廃絶するしかないのです。」
posted by Kaede at 17:03 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年08月04日

勇気

200804kenshu.JPG
夏の大きな研修会がほとんど中止になったことを受け、かえで幼稚園独自の研修として、幼稚園でいつも行っている園内研修(職員会議)を公開するという、勇気ある、もしくは傲慢な企画を立てた。密を避けるために人数を限定したが、県内各地から募集定員一杯の方にご参加いただいた。内訳は幼稚園、保育園、こども園などの先生21名(園長を含む)、小学校の先生3名、大学の先生2名、県教委や廿日市市関係の人5名、そして幼稚園保護者2名。結構絶妙な構成だと思った。4つのテーマについて、ほとんどぶっつけ本番の議論を行い、参加者からもご意見、ご感想などもいただいた。われわれとしては大変内容の濃い、意味の深い3時間だった。参加者の皆様、ありがとうございました。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年08月01日

名残惜しく

200801tire.JPG
園庭開放の最終日。明日から本格的な夏休みになるが、この休みに園庭では新園舎の建築工事が始まる。建築エリアにある必要なものは移転したが、劣化しているタイヤ跳び遊具などは廃止となる。降園前、年長の子たちが名残を惜しむように遊んでいた。木登りとドングリが大人気の大きなシイの木は残すように建てる。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌