かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年07月16日

心待ち

200716koma.JPG
何日も前から挑戦していたコマ5回回しにやっと成功したHちゃん。喜んだあと涙があふれた。どうして泣きたくなったのか担任が聞くと「うれしくて泣いた。こんな気持ちになったのは初めて」と答えたという。コマ回しは子どもを少し大人に育てる力もあるらしい。担任は「いい涙だったね」と言葉を添えた。

放課後、卒園した新1年生を園に招く「みんなに会えるデー」を、予定よりも2ヶ月遅れで行った。1年生たちのテンションはハンパではなく、外での遊びを目いっぱい楽しんだあと、旧クラスに入ってもにぎやかに過ごした。旧担任の質問にも競うように手を上げていた。そして、満足したようなまだもの足りないような表情で帰っていった。この日を心待ちにしていたのだから、2時間じゃ足りないよね。
200716aeru.JPG
posted by Kaede at 22:16 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ