かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年05月30日

レインボー

200530shugo.JPG
学年単位の園庭開放も最終日。今日は年少の4回目。蚊が増えてきたが「かえでの森」も開放され、長いすべり台には待つ子の列ができた。自分で遊びを選ぶのもだんだん上手なっているし、片づけてからクラスごとに集まるまでの時間も、どんどん短くなってきた。木陰での本読みも、当たり前の光景になってきた。来週からいよいよ本格的な再開。

門を入ったところの「落書きの床」も人気のコーナー。4色のチョークが用意されている。Aちゃんは次々とさまざまなものを描いては「これは何でしょう?」と聞いてくる。「ウサギ!」「ピンポーン!じゃあ、これは?」「うーん、なんだろうなあ?」「ヒントは食べ物」「わかった!メロンパン!」「ピンポーン!」とたくさん描いているうちに手もレインボーカラーになった。
200530chalk.JPG
posted by Kaede at 16:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年05月29日

作業

200529plum.JPG
園庭開放は、前回雨で中止になった年中組。まず、いただいた梅の実を加工して梅ジュースに漬け込む作業をする。洗った梅の実に、しっかり洗った手でフォークを使って穴を空ける。砂糖と少量の酢とともにビンに詰めれば終了。2週間ぐらいで夏の味になる。

学年毎の登園なので、その日来る子の年齢に合わせてゆったりとかかわれるのはうれしいが、こういう言い方が許されるなら、少々飽きてきた。やはり異年齢が混ざり合うところに幼稚園の意味があることを改めて感じる。これもあと2日。来週からは3学年が揃い、本来の幼稚園に戻る。
200529brake.JPG
posted by Kaede at 21:23 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年05月28日

バランス

200528tanbo.JPG
今日は年長の園庭開放。3日前に田植えを済ませた田んぼには、もうたくさんのオタマジャクシが泳いでいて、生き物好きの子たちが早速集合していた。カエルも来る、トンボも来る、草も生える、そして自分たちもここで育ったお米を食べて生きる。身近に田んぼがある意味は、自分も自然の一員だということを少しでも感じれるところにある。

今日は身体測定も行った。もちろん屋外で。休んでいる間にも子どもたちは成長していることが数字になって実感できる。体の成長に心や頭の成長が置いて行かれないように、幼稚園もがんばらねば。
200528shincho.JPG
posted by Kaede at 18:46 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年05月27日

焦らない

200527mori.JPG
年少対象の園庭開放日。今日は早めにクラス活動に入り、園内と、今まで閉めていた隣接するかえでの森を担任がレクチャーしながら歩いた。森に続く長いすべり台を滑ったり、立入禁止ゾーンを確認したり、手押しポンプの使い方を聞いたりした。「失われた1ヶ月半」を取り戻したい気持ちはやまやまだが、焦らないようにしたい。

園舎裏の通称「お花の家」で。A[いらっしゃいませ。何にしますか?」B「ごはんをください」A「はい、ありがとうございます」B「パクッ」…。即興のお店屋さんごっこも、だんだん堂に入ってきた。
200527omise.JPG
posted by Kaede at 21:37 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年05月26日

赤ちゃんばかり

学年毎の園庭開放。今日は年中の予定だったが、朝からの雨で残念ながら初の中止となった。

昨日年長児が苗を植えた田んぼでは、早くもオタマジャクシの赤ちゃん(?)、ウキクサの赤ちゃんが見られた。一緒に一人前の田んぼに成長していくメンバーだ。やっかいな雑草であるコナギの赤ちゃんもちゃんと加わっている。
200526tanbo.JPG
posted by Kaede at 15:19 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ