かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年04月09日

信頼

200409shinkyu2.JPG
予断を許さない状況の中だが、今年度の始まりとなる進級式を、保護者の数を制限し、いすの距離を離し、会場の窓を開け、そして例年よりもかなり短縮したバージョンで行った。職員の出し物だけは例年どおり行い、こもれびホールは久々に子どもたちの笑い声で満たされた。

いつもの半分ぐらいの時間で終え、保護者には早々に園庭に出ていただいた。保護者とも密接な関係を作り信頼関係を築くことが大切な幼稚園が、保護者に対して「入るな」「早く帰れ」という対応をしなくてはならないのは心が痛む。「遊ばないで帰ってください」とはお願いしたものの、満開の桜の前での写真もダメ、とはさすがに言えない。
200409shinkyu1.JPG
posted by Kaede at 18:46 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年04月08日

春爛漫

200407sakura.JPG
明日の進級式からいよいよ今年度が始動します。まぶしいほど満開の桜、新芽の勢いが若々しいコナラ、盛り上がるほど豊かなのレンゲ…。うっとりするほどの美しさで新年度を祝っているのに、見る人がだれもいません。そして「ゆっくり見ていってくださいね」と言えない現実がもどかしいです。
200407konara.JPG

200407renge.JPG
posted by Kaede at 16:13 | 森と庭だより

THANKS!

3月に卒園した保護者の皆さんから、卒園記念品として集会室に大型のテレビモニターをいただきました。しかし新型コロナの影響で製品の納入が大幅に遅れ、4月に入ってやっと設置されました。保護者への説明会や父母の会、サークルなどでも使っていただきたいところですが、残念ながらそれらは全て休眠状態。ただ職員会議では早速活用させていただいています。ありがとうございました。
200410kaigi.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年04月06日

新しい1年

200406parts.JPG
今年度初の更新。4月1日用の写真も用意していたのだが、エイプリルフールの気分にもなれずボツに。見通しがきかないこれからの日々ではあるが、準備だけは怠りなく行いたい。今日は乗り物遊具「ツインタクシー」のハンドル部分を新品に交換した。丈夫にできてはいるが、子どもたちに大人気なだけあって数年使うとガタが来る。写真はBefore&After。よく摩耗したということはよく育ったということ。今年もガンガン乗り回していいよ。

クラスごとに新入園児親子の面接を予定通り行った。本来なら面接の後はゆっくり園庭で遊んで、少しでも園になじんでもらえればいいのだが、今年は15分までという制限をつけた。今が満開の桜の下も通る人はまばら。
200406sakura.JPG
posted by Kaede at 15:41 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ