かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年04月24日

羽音

200424fuji.JPG
子どもたちのいない静かな園庭で羽音を響かせているのは、満開の藤棚にやって来るクマバチ。体はいかついのですが、攻撃性はなく、花を愛する穏やかなハチです。
※ブログ「森と庭だより」ですが、今後は「園長のきまぐれ保育日誌」に統合します。
posted by Kaede at 18:06 | 森と庭だより

ささやかな

200424video.JPG
園児向けのビデオ配信「かえでようちえんチャンネル」もプログラムが5つに増えた。福音館書店から著作権の許可が出たので今日は3冊分の収録をしたが、いずれも屋外で読んでみた。平日はほぼ毎日新しいプログラムを加えます。自宅で過ごす子どもたちにとって、ささやかな楽しみになれば幸いです。

こんなことしかできないのがもどかしい。子どもたちのため、というよりも、自分たちのモチベーションを下げないためにやっているような気もする。子どもを迎え入れることができない今、そして職員が集まることもままならない今、他にできることは何があるだろうか。「ままごとハウス」に新たに取りつけた風見鶏は「迷わずまっすぐ行け!」と言ってくれるけれど…。
200424wethercock.JPG
posted by Kaede at 17:58 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年04月21日

特設

200421hall.JPG
臨時休園になって実質はまだ3日なのに、もう半月も過ぎたような気がする。私も午前中は幼稚園で仕事、午後は自宅でテレワークの日々。やることはいくらでもあるのだが何となくピリッとしない。担任は今週から家庭訪問に代わる電話懇談を行っている。もっとも発信は自宅か、幼稚園のだれもいないところから。なので、広いこもれびホールを独り占めして電話をする職員もいる。

幼稚園のウェブサイトに在園児専用のページを設けました。また、家にいる園児向けに職員が動画を公開する「かえでようちえんチャンネル」を開設しました。何日かおきに動画を追加しますのでぜひご覧ください。年少H組は動画収録の特設スタジオになっています。
200421studio.JPG
posted by Kaede at 21:52 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年04月16日

藤棚

200416fuji.JPG
暖かい陽射しを受けて、フジの花が咲き始めました。明日から臨時休園なのんで、誰も見ていないときが満開になりそうです。園が再開するころまで咲いてくれてほしいものです。
posted by Kaede at 21:04 | 森と庭だより

臨時休園

200416twin.JPG
保育が始まって4日目となり、クラスを越えて遊ぶ子どもたちの姿も見られるようになったのに、新型コロナウイルスのため、明日から臨時休園をすることになった。こういう休みはちっともうれしくないが、不安に振り回され、判断を迫られる毎日から少し開放されるかと思うと、ホッとするのも正直なところ。どうか、平凡な日々が一日も早く帰ってきますように。

帰りのバスの最後の便が出るときには、申し合わせたわけではないが、私も含め多くの職員が出てきて見送った。連休明けにこの子たちと本当に再会できるのだろうか、という不安は、どうぞはずれますように。
200416bus.JPG
posted by Kaede at 18:50 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ