かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年01月15日

喜び

200115tsumiki.JPG
昨日から卒園記念誌に載せる年長児一人一人の写真を撮っている。それぞれが好きな場所を選ぶので、状況が許せば遊びを止めない状態で撮る。今日は室内の積木コーナーで撮ったが、限られた場所と密度の高い子どもたちの合間を縫うような撮影となる。時には1人100枚近く撮ることになるが、これは没カット。

保育室の暖房はペレットストーブ。米袋に入った燃料の木質ペレットが宅配で届くと、子どもたちは喜んで運ぶ。最近は年少の子たちもどんどん参加してくる。役に立つことは喜びである。そして自分たちのことは自分たちで、という園の風土が引き継がれる。
200115pellet.JPG
posted by Kaede at 17:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ