かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年01月03日

15年前の顔

200103capsel1.JPG
新年恒例の卒園生によるタイムカプセルの掘り出し会を行う。卒園して15年経った20〜21歳の卒園生が集まる行事で、今年で24回目となる。久しぶりの再会ではじめは表情の堅い子も多いが、実際に掘り出す作業を行い、卒園の時に埋めたカプセルが出てくるころにはすっかり打ち解けてくる。

当時の年長担任から一人一人カプセルを受け取り、開封して中身を見る頃には幼稚園時代の顔だと言っていい。そして、会が終わってもなかなか帰ろうとしなくなる。またいつでも帰っておいで。
200103capsel2.JPG
posted by Kaede at 21:53 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ