かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2020年01月14日

名のない遊び

200114mori.JPG
落葉でいっぱいの「かえでの森」だが、特に入口のすべり台付近はコナラやアベマキの落葉であふれている。年少S組の子たちは、まず落葉をすべり台の一番下に山積みにし、さらに意味不明の言葉を唱えながら(言葉は忘れた)各自が両手に抱えて上に行き、落葉をお尻の下に敷いて滑り降りる。自分たちが作り出したこの上なく楽しい遊び。森はこんな「名のない遊び」に満ちている。

一人ずつ長縄跳びに挑んでいた年少T組の子たちだが、クラスみんなで跳んでみようということになった。が、さすがにこれは無理と分かると、ある子が「人数を減らしたらいい」という提案を出した。的を射た案だったが、当然ながらだれも減される側になろうとはしない。
200114nensho.JPG
posted by Kaede at 18:42 | 園長のきまぐれ保育日誌

子どものつぶやき 1月

子「ごはんたべたら みんなで さんぽに いこうやー!」
母「寒いから、いっぱい着て いかにゃいけんね」
子「じゃあ コタツ もっていけば?」

(年少・F)



きょうはおつきさんがでてないよー。
ああ、おしょうがつだから、おつきさんもおやすみしとるんじゃろー。

   (年少・K)
2001tsubuyaki.JPG
posted by Kaede at 15:55 | 子どものつぶやき
2020年01月11日

試練

教員免許は10年毎に更新しなくてはならず、その際は30時間の更新講習を受ける必要がある。そのうちの6時間分を1日で行う講習が広島市内で行われた。参加者は県内や隣県の幼稚園、保育園、こども園などの先生約150人で講師は私。午前中2時間半、午後2時間半、そして試験が1時間。これを全て一人でやるのは私も初めての体験だったが、何とか乗り切った。かえで幼稚園で取材された教材ビデオと熱心な姿勢の受講者たちに助けられた。
200111koshu.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年01月10日

流れ

200110sunaba.JPG
2つある砂場のうち、大きい方は手押しポンプから近いが、小さい方はかなり遠い。年少児たちがそこに直接水を引こうといろいろなホースをがんばってつないだが、途中で漏れるので水は流れてこない。結局ホースから漏れた水をためたバケツで運ぶことになった。

1月の誕生会では「かにむかし」の劇を13人の誕生児も参加して行った。とは言え誕生児たちには何も予告していないから、全くのぶっつけ本番。それでも話の流れを感じ取りながら、悪いサルをやっつける劇を楽しんで演じていた。見ている子どもたちも誕生児たちを羨ましそうに見ていた。
200110tanjo.JPG
posted by Kaede at 21:36 | 園長のきまぐれ保育日誌
2020年01月09日

同志

200109puzzle.JPG
年長T組には「めっちゃ難しい」と言われる、はめ込み式パズルがある。女の子たちが昨日からやっているがなかなか完成しない。私も加わったが確かに難しい。5分おきぐらいに「ねえ、見本はないん?」「ねえ、正解はないん?」と聞くが、やめはしない。そのうち、立って少し遠目で見た方が見つかりやすいという「技」を思いついた。そして午前中に何とか完成。喜びよりも大きな吐息が出た。

数が増えた竹馬に挑む年長女子たち。挑戦者たちには「同志」の情が通うのか、知らず知らずのうちに近くに寄ってしまう。でもまだ不安定で棒がぶつかる危険もあるので、担任は「離れて、離れて」と度々言わなくてはならない。
200109takeuma.JPG
posted by Kaede at 18:44 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ