HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2019年12月23日

継承

191223pizza2.JPG
年長がピザ焼きを楽しむ会を催した。有志の親子がこもれびホールに集まり、まずは生地作り。4家族分の材料をビニール袋に入れてこねる。しっかりこねた方がおいしくなる。その後は各家庭から持って来た具をトッピングして、2時間火を燃やして熱くなった窯に入れて焼く。50家族ぐらいが参加されたが、1枚が1分ぐらいでどんどん焼き上がり、できた人から園庭で食べていただいた。

一部のお父さんは薪割りもしてくださった。もちろん今日割った薪は今日は使わない。半年以上乾燥させて後に続く人たちが使う。こんな継承が学校や園を支えてくれる。
191223pizza1.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月20日

総決算

191220shugyo1.JPG
2学期の終業式を兼ねたクリスマス会を行った。演奏のあとの人形劇は、ちょっとしんみりする内容だったこともあり、みんな食い入るように見つめていた。

その後、薄暗い2階のバルコニーからサンタさんが登場すると、雰囲気は一転。跳びはねる子も多く、全体がウエーブのような盛り上がりになった。それでも「サンタクロースはみんなのことが大好きだよ」そして「世界中のみんなが仲良くなるように、という気持ちを込めてプレゼントをするんだよ」というメッセージも、しっかり受け止めてくれたことだろう。
191220shugyo2.JPG
posted by Kaede at 22:41 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月19日

感動いっぱい

191219eum.JPG
E音楽大学で私の授業を受けた学生5人が小さなコンサートを開いてくれた。歌、楽器演奏など、組み合わせと流れのよい素敵な内容だった。特にミュージカル風に構成された絵本『ぐりとぐら』は、曲も演出も素晴らしくて聴きごたえがあった。若い歌声にうっとり聞き入っていたのは子どもたち?私?

「あれ?これはいつか見た光景…」そう、運動会で年長組が行ったクラス対抗ゲーム「いっぱいいっぱい」。その時長期入院のI君が参加できなかったA組では、「全員そろったらもう一度やるんだ」と道具を保管していたが、2ヶ月以上経った今日、やっと実現した。ルールや作戦を再確認して行ったが、相手がいないのに本番さながらの真剣さで臨む姿には感動した。T組の子たちも声援を送ってくれた。
191219ippai.JPG
posted by Kaede at 18:02 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月18日

年末行事

191218mochi1.JPG
年末恒例のもちつき大会。年長の保護者有志にもご参加いただいたが、平日なのにお父さんも20名近くが参加され、力を発揮してくださった。年長児は一人10回のもちつき体験をしたが、重い杵は結構がんばって持ち上げなくてはならない。予定の5臼をつき終え、保護者にきな粉餅を配ろうとした頃、急に強い雨が降り始め、お手伝いの役員さんたちも、濡れながらの奮闘となった。

園庭の田んぼで年長児が育て、昨日精米までこじつけたもち米も一緒についた。収穫は少なめで米の殻も少し混じっていたが、年長児にとっは、最高ランキングのおもちに違いない。
191218mochi2.JPG
posted by Kaede at 22:18 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月17日

仕上げ

191217kome.JPG
年長2クラスが集まり、米作りの最終段階の精米を行った。ここまで手作業でやって来たが、ここだけは精米機を使う。玄米が白くなるのに驚き、最後の計量でははかりに熱い視線が注がれた。ただ今年は例年よりやや不作。肝心なときに台風で稲が倒れたのが原因かも、とも話したが、子どもたちは満足感でいっぱい。

年中H組の女の子たちが演じていた劇。女の子たちが道に迷った末公園に着く。ところが遊具が壊れていたので、工事の人に電話するが「忙しいので無理」と断られる。それなら、と、携帯で自撮りをして写真を工事の人にメールで送る…などのストーリーが即興でどんどんつながっていく。いつ終わるのかは分からない。
191217geki.JPG
posted by Kaede at 23:01 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月13日

モードの交代

191213ningyo.JPG
11月の「そうさくらんど」が終わると、子どもたちは自然に、そしてゆるやかに「劇モード」に傾いていく。年長A組ではそうさくらんどの中にすでに人形劇が取り込まれていたし、年中H組で先日発生した即興劇は、腹を抱えるほどのおもしろさだったそうで、見逃したのが残念だ。今日の年長T組の人形劇にはしっかりおつき合いした。台本の絵本を読む子、人形を動かす子、客席にポップコーンを配る子など、モードは本格的になりつつある。

お昼前には年少H組の森遊びに同行。ロープを伝ってのがけ登りは、手足の力と少しの勇気が必要だが、ほとんどの子が歯を食いしばって登り切った。動きのバランスと心のたくましさは、入園の頃とは比べものにならない。
191213mori.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月12日

最終章

191212konara.JPG
紅葉の花形イロハモミジもあらかた散りましたが、これからきれいになるのがコナラなどブナ科の葉っぱ。実は私もこちらの方が好きです。緑から黄色に、そして黄金色に輝きはじめると、かえでの森の紅葉もいよいよ最終章ですね。
posted by Kaede at 17:53 | 森と庭だより

効果てきめん

191212noko.JPG
寒さが厳しくなってくると園庭でたき火が始まる。燃料は「かえでの森」でいくらでも調達できる。今日はしなかったが、明日に備えてたきぎ作りにいそしんだ。

園庭では、年長対年中でサッカーの試合が行われていた。人数は年中の方がかなり多いのだが、点数はやはり年長がリード。しかし遊具「屋根のぼり」の上から女の子たちの「H組、がんばーれ」という応援が始まると効果てきめん。立て続けに2点を返した。ゴール後に屋根のぼりの下まで走って行って、ファンに手を振る選手もいた。その気持ち、分かる分かる。
191212soccer.JPG
posted by Kaede at 17:48 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月11日

多彩

191211tsumiki.JPG
「そうさくらんど」でクラスの展示に使われるため、こもれびホールの大型箱積木は数が減っていたが、それも戻ってきたので遊びも再び盛り上がってきた。そして片付けも積極的になってきた。年少の子たちは「こんなに持てるんだよ」と誇るように、手一杯運ぼうとする。

絵の具で絵を描くとき、これまでは予め溶いた多めの絵の具を使ってダイナミックに描くことが多かった。しかし、最近は自分で色を少しずつ作りながら描く機会も増やしているので、表現も多彩になってきたようだ。
191211enogu.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月10日

研究課題

191210tanjo.JPG
12月の誕生会には、多彩な楽器を使って様々なジャンルの曲をこなす、卒園生保護者のリコーダーアンサンブル「フエッズ楓」の皆さんが2年ぶりに登場。アンコールでは、今流行の「パプリカ」を私も加わって演奏したが、前に出てきた有志の子たちのダンスで盛り上がった。(職員撮影)

寒くても一向に衰えないのが砂場での水遊び、今日も大工事が続いていたが、年長児が盛り上がると年少児は加わってくるが、なぜか年中児は余りかかわらない、という傾向がある。きょうだい関係だけの理由でもなさそうだ。興味深い研究課題?
191210sunaba.JPG
posted by Kaede at 17:27 | 園長のきまぐれ保育日誌