HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2019年12月10日

研究課題

191210tanjo.JPG
12月の誕生会には、多彩な楽器を使って様々なジャンルの曲をこなす、卒園生保護者のリコーダーアンサンブル「フエッズ楓」の皆さんが2年ぶりに登場。アンコールでは、今流行の「パプリカ」を私も加わって演奏したが、前に出てきた有志の子たちのダンスで盛り上がった。(職員撮影)

寒くても一向に衰えないのが砂場での水遊び、今日も大工事が続いていたが、年長児が盛り上がると年少児は加わってくるが、なぜか年中児は余りかかわらない、という傾向がある。きょうだい関係だけの理由でもなさそうだ。興味深い研究課題?
191210sunaba.JPG
posted by Kaede at 17:27 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月09日

講演会のお知らせ

対談ちらし.jpeg
posted by Kaede at 13:53 | 父母の会

創作意欲

191209sosaku.jpg
「そうさくらんど」の後も工作などの創作活動は一向に衰えを見せない。そして技術は向上し、表現は一層豊かになっていると感じる。ほら、虫だってこんなふうに表現しちゃう。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月07日

かえでっこくらぶ

191207kaedekko.JPG
園児は休みだが、未就園の親子を対象とした園開放「かえでっこくらぶ」の特別版を行った。部屋での遊び(保護者は園長の話)の後は、ミニクリスマス会と名付けて、歌、大型絵本、ミュージックパネルなどを楽しんでいただいた。もっともかぶりつきで見ていたのは一緒に来た園児や卒園児たち。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月06日

ストーブ

191206yakiimo.JPG
クラスにある木質燃料を燃やすペレットストーブは、燃えている火が見える味ある暖房器具だが、それに加えて簡単な調理ができるのも魅力。今日年少H組では園で採れたサツマイモが焼かれ、子どもたちの心をとらえていた。

年長の米作りの中で最も手間がかかる籾すり作業は、約3週間から行っているが、今日やっと終了した。子どもたちもホッとしたり達成感を味わったりした。そして午後は採れたお米の運搬?いえいえこれはストーブの燃料として届いたペレットの運搬です。みんなよく働くよ。
191206pellet.JPG
posted by Kaede at 21:37 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月05日

色づき

191205mori.JPG
寒くはなってきたが、子どもたちの外遊びはますます活発になってきている。特に森の遊び場は、風が遮られるだけかえって心地良い。森に通じる長いすべり台では、男の子たちが上を向いて「きもちいい!」と集団で滑っていた。見上げるとコナラの大木が色づき始めていた。

年少T組の子どもたちが園庭に出て大規模な「かくれんぼ」を行っていた。隠れる役になった子どもたちは、隠れたい場所に散っていく前に円陣を組み「がんばるぞ!オー!」と気合いを入れていた。
191205enjin.JPG
posted by Kaede at 23:23 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月04日

Nice to meet you.

191204turzan.JPG
マレーシア教育省の人やマラヤ大学の先生、インドネシアの先生、ベトナムや中国の学生など14人が見学に来られた。森の斜面を走り回る子どもたちを見て「スゴーイ」。ターザンロープの上まで登る子を見て「スゴーイ」。一本歯の下駄で自在に歩く子を見て「スゴーイ」。そして、先生が教えないのに書いた子どもの字を見て「スゴーイ」。われわれには日常の光景が、アジアの目から見るとすごいことらしい。

見学者に「What's your name?」と尋ねられ、「My name is ○○. Nice to meet you」と答えた子もいた。英語を知っていることよりも、とっさにそれが出たことに驚いた。日本語だと照れて何も言えなかったりするくせに。
191204kengaku.JPG
posted by Kaede at 17:21 | 園長のきまぐれ保育日誌

子どものつぶやき 12月

(難問)
子「ねぇ ママ、やきいもは しんだから やいたの?
  やいたから しんだの?」
母「Yは どのへんで死んだと思う?」
子「Yが はでかんだとき」

(Y・年少)




子:ねぇサンタクロースみたことある?
母:あるよ。
子:どこで?
母:かえで幼稚園でよ。
子:そうなんよ。かえでようちえん、サンタクロースかっとるんよ。ホールの2かいで。

(E・年中)
1912tsubuyaki.JPG
posted by Kaede at 09:04 | 子どものつぶやき
2019年12月03日

徐々に

191203nencho.JPG
「そうさくらんど」が終わってもすぐに展示がなくなるわけではないが、さすがに1週間以上経つと、作品も片づけられていく。年長A組の保育室を占拠していた段ボールの巨大迷路もついに片づけられ、資源ゴミとしてまとめられた。「そうさくらんど」はそこに向かう活動も去って行く活動も徐々に進む。

そして、こもれびホールではクリスマス仕様の飾り付けが行われた。「先生がんばって。もし落ちたら私たちが支えてあげるよ」と、職員の作業を見守る頼もしい子どもたち。
191203kazari.JPG
posted by Kaede at 18:58 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年12月02日

師走

191203santa.JPG
先生も走る。サンタも走る。もちろん子どもたちは寒さに向かって走り回る12月。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌