かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2019年09月27日

メンタル

190927nawa.JPG
ゲームで2連敗した年長A組の反省会で。「となり(T組)が気になってつい見てしまう」「見るとあせる」。ではどうしたらいい?「見ないようにする」「部屋だと思ってやる」なるほど。そして「勝てる気持ちを持つ!」だって。子どもたちは案外メンタルと戦っている。一方、連勝したT組の担任は1回ぐらい負けてほしいと思っている。負けて育つもの、深まるものも多いから。私もそう思うが、あいにく勝利の女神と懇意ではないのでどうにもならない。第3戦が楽しみ。

砂場から「ハッピーバースディ」の歌が聞こえてきた。明日が誕生日の職員をいろんなクラスの子たちが囲んでいる。まん中には砂で作りドングリなどで飾った大きなケーキがあった。
190927cake.JPG
posted by Kaede at 17:12 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年09月26日

手作り

190926nenchu.JPG
年中の親子で楽しむ競技は、どろだんごを「おみこし」で運ぶのがテーマ。「おみこし」は、子どもたちとともに適度なサイズをさぐりながらオリジナルで作る。そして大量のどろだんごも必要なのだが、これもまさに手作りで準備を進めている。

年長には自分の選んだことを一人一人見てもらう「こだわり技」という種目がある。今日は2クラスで一通りやってみたが、今まで1度もやったことがない野球を選ぶ子もいれば、数人で練習を重ねた集団縄跳びをする子もいる。選択のしかたも個性的だ。
190926kodawari.JPG
posted by Kaede at 17:51 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年09月25日

重苦しい

190925meeting.JPG
年長のクラス対抗ゲームの第2戦を行う。前回より立入禁止ゾーンが広くなり、難易度が上がった。前回負けたA組は道具を大幅に改良し打合せもしっかり行った。クラスでの試行ではうまくいっていたのだが、なぜか試合では思うように機能しないまま2連敗。試合後の振り返りタイムはさすがに「ドヨーン」とした空気に満ちていた。大事なのは平常心?

年少前の「自然遊びテラス」ではドングリ工作が盛んだが、今日は職員がホットボンドを出し、子どもたちとドングリに木の枝などをくっつけていた。ドングリに顔を描いたりしたユニークな作品がたくさんできていた。ただし、台風で落ちた緑の実は少しくっつきにくい。
190925donguri.JPG
posted by Kaede at 16:49 | 園長のきまぐれ保育日誌

子どものつぶやき 9月

(敬老)
孫「Yが100さいになったら じぃちゃんはなんさい?」
爺「そうだなぁ…165才か」
孫「おじいちゃんどうしだね」

(Y・年長) 



(運動会の作戦会議)
先生:どうやったらかてるかね?
子:あのね、どこかにいって、こうやって(手を合わせる)おねがいする。 

(A・年中)
1909tsubuyaki.JPG
posted by Kaede at 09:06 | 子どものつぶやき
2019年09月24日

理由があります

190924donguri.JPG
台風が通過したあとの園庭には、クリ、ドングリ、葉っぱ、枯れ枝がたくさん落ちていた。クリはみんなで食べるために職員室へ。ドングリは工作材料、または持ち帰るために袋やポケットへ。枯れ枝は職員が集めてピザ窯の燃料へ。葉っぱはしかたないので、子どもの通り道ではない森へ捨てる。

年中ではグループ毎でリレーするゲームとして「大玉ころがし」をやってみた。小学校から借りてきた大玉はかなり大きいし、なかなか思うように転がってくれない。でもそこがおもしろい。伝統的な競技には、続いてきた理由がちゃんとある。
190924ball.JPG
posted by Kaede at 16:39 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ