HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2019年07月31日

キャンプだホイ

190730kamado.JPG
車で1時間あまりの県北にあるキャンプ場で、1泊2日の「卒園生キャンプ」を行った。主な対象は小学校5年生だが、その他に6年生、高校生、元職員など計82名という、過去最高の参加者となった。山間部特有の雨雲が近くにあり、レーダーとにらめっこしながら日程を調節したが、結局雨のない快適な2日間だった。
190731tsuri.JPG
テントを張ったり、ご飯を作ったりは当然の仕事だが、残った時間は基本的に自由。芝広場での野球やサッカー、カードゲーム、川遊びなどをゆったりと楽しんだ。釣りチームは、イワナを含む数匹の釣果を上げた。
190730drum.JPG
夜の楽しみの一つがドラム缶風呂。普通は一人ずつしか入れないが、この仲良しチームは、足だけでもいいからどうしても3人で入りたい、とのことだった。勝手にしてください。
190730milky.JPG
キャンプファイヤーの時には蛍も見られた。火が消えた後には天の川も撮影できたが、肉眼ではちょっと無理。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月29日

暑さの中

190729pool.JPG
暑い盛りではあるが、保護者有志にお手伝いいただいて、プールの片付けを行った。大きなシート類を洗う作業では子どもたちも大活躍。素足に心地良い水を浴びながらデッキブラシを動かした。

約2時間の作業終了後には、かえで名物(?)かき氷で体を冷ましていただき、畑で採れたピーマンなどもお持ち帰りいただいた。小学生のA君「『巨人』ピーマンなんか、一飲みじゃ!」とは言いませんでしたが…。参加者の皆様、暑い中ありがとうございました。
190729giant.JPG
posted by Kaede at 17:32 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月25日

梅雨明け

190725pool.JPG
「ザ・梅雨明けー!」と感じられる暑さの今日、雨で2回中止になったプール開放がやっと実施できた。未就園児から卒園生までのたくさんの子で、大にぎわいとなった。

絵本『どろだんご』発行30周年記念で先般行われた「どろだんごフェスタ」の様子を取材したテレビ番組が放送された。テレビ番組はコンセプトが大事だが、今回はとてもいい編集だったのでホッとした(テレビ画面撮影)。
190725tv.JPG
posted by Kaede at 22:14 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月24日

合宿

梅雨が明けないので、今一つ実感がないのだが、年長児による1泊2日の合宿保育が無事行われた。
190723koma.JPG
1日目は降ったりやんだりで、室内遊びやもの作り主体で進んだ。園長から「コマを5回連続で回せたら、1個プレゼント」という企画が発表されたので、挑戦者急増。プレゼントは9月からだが、今年は成功者が続出しそうだ。
190723ninja.JPG
夕方には雨も上がり、キャンプファイヤー、線香花火などは予定どおり行った。夜の園内では片方のクラスが隠した宝を別のクラスの子が忍者になり、わずかな灯りを頼りに探す「忍者宝探し」が行われた。「ゲットしたお宝は山分けでござる」
190724taki.JPG
天気も回復した2日目は、遊びに行く予定だった滝を見学した。水量が多くてとても遊べないのは、子どもにも一目瞭然。少ししぶきがかかるところまで滝に近寄り、迫力と自然の大きさを体感した。
190724somen.JPG
やっと合宿らしい暑さがやってきたお昼には、この日のために一人一人がデザインしたTシャツに着替え、最後の食事の「そうめん流し」を楽しんだ。参加に不安をもらしていた子も、晴れやかな顔になって帰っていった。
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月18日

空想

190718hanabi.JPG
梅雨がぐずぐずと続く状態で1学期の終業式を迎えた。式の中では職員が夏休みの注意として、花火の扱い方について寸劇で演じた。何より事故のないよう、お過ごしください。

年少、年中にある木のレールセットは、空想という形で頭を動かしながら、同時に手も動かすという、とてもいいおもちゃだ。実物のSLには、ほとんど触れたことがないであろう現代の子どもたちでも、これを動かすときには不思議と「ポッポー」と声を出したりしている。
190718kisha.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月17日

幼虫同士

190715semi.JPG
幼虫の時代、昼間になると頭の上からにぎやかな声と震動が伝わってくるから、何だろうと思ってたけど、成虫になってやっと分かったよ。人間の幼虫が遊んでる音だったんだ。それにしてもこいつらパワフルだなあ。
posted by Kaede at 18:32 | 森と庭だより

稼働率

190717suika.JPG
雨が少ない今年の夏は、プールの稼働率が比較的高かったが、通常保育の中では最後となる今日登場したのは、大玉のスイカ(型ビーチボール)。年少の子どもたちも大喜びで追いかけたが、しばしばプールの外に出てしまう。土がつくと、それを流す間は休憩するので、ペース的にちょうどいい。

森が近い園舎なので野鳥がガラスに当たって死傷する事故も時々ある。年長A組の北側の窓は特に多く、今日もメジロが1羽お陀仏した。衝突を避けると言われているタカのシルエットを窓に貼っているが、今日はそのシールのコピーを子どもたちに切り取ってもらい、追加で貼り付けた。効果はあるだろうか。
190717taka.JPG
posted by Kaede at 18:26 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月16日

本番前

190716semi.JPG
クマゼミが盛んに鳴くようになり、園舎の裏では幼虫が抜け出た穴がたくさん見られる。周辺を探すと羽化した抜け殻も見つかる。年中H組の女の子たちは高いところの抜け殻を取ると、その背中が割れているところに見入っていた。虫と言えば男の子の印象は強いが、最近は昆虫女子も結構増えている。いいことだ。

年長は合宿保育に向けての取り組みや話し合いが盛んになっている。こもれびホールには幅が5mぐらいある2日間の日程表も貼り出された。今日は2クラス合同でキャンプファイヤーの歌などを歌った。本番は1週間後。
190716hall.JPG
posted by Kaede at 21:44 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年07月12日

最終日

190712dango.JPG
「どろだんごフェスタ」もいよいよ最終日。園外の会場を借りて、絵本作家野坂勇作氏の記念講演などを行った。それに先立ち「大人のどろだんごコンテスト」の表彰式を行ったが、賞品は野坂さん自筆のどろだんごの絵や、サイン入り絵本など。審査基準は単なる見た目の出来映えではなく、だんごの気持ちに添っているかどうかだ、とは審査委員長、野坂氏の講評。(職員撮影)

同じ頃、園では高いところに設置されたスプリンクラーから撒かれる水で遊ぶ時間を持った。もちろん自由参加だが、水を楽しむからはじまり、泥の感触を楽しむ、そして泥んこを全身で感じる遊びへと発展し、「どろだんごフェスタ」の最後らしくダイナミックに締めくくった。(職員撮影)
190712doro.JPG
posted by Kaede at 23:29 | 園長のきまぐれ保育日誌

不安定

190711tsumiki.JPG
こもれびホールにある大型箱積木を積む年少のT君。上が広がった形の上に不安定な三角形を載せて、一つ載せるごとに満足そうにしていた。積木遊び全般に言えることだが、子どもたちは安定している積み方より、不安定だがぎりぎりバランスを保っているような積み方を好むようだ。

どろだんごフェスタの一環である「大人のどろだんごコンテスト」も今日の午後で締め切り。全部で26個の応募があった。絵本作家の野坂勇作氏など、集まった審査員も力作ぞろいに悩みつつ、何とか入賞7点を選んだ。発表は明日。
190711dango.JPG
posted by Kaede at 23:06 | 園長のきまぐれ保育日誌