かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2019年05月31日

時雨時

190531hotaru.JPG
降ったりやんだりの天候。年長A組では、黒い紙を使い鮮やかなペンで「ほたる」という作品を作ったり、歯ブラシに含ませた絵の具をはじいて、幻想的な光景を描いたりしていた。こんな日は室内の活動にじっくり取り組むのがいい。

でも、少々の雨なら外遊びを諦めない子も多い。雨の中、遊具「屋根のぼり」に登る子たち。「雨だから屋根のあるところで遊ぼうね」などと職員は声をかけるが、確かに「屋根」のあるところで遊んでいる。
190531yane.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年05月30日

移ろい

190530taue.JPG
雨で延期になっていた田植えを年長2クラスが行った。育てていた苗がしおれていて心配したが、農園を経営しているお父さんが「大丈夫ですよ」と言ってくださったので、成長を見守ることにした。特製の定規に合わせて一人1〜2株を植えた。今年の稲作りもいよいよ本格始動だ。

今年は「実もの」の出来が悪いが、園舎南側の梅は、周りの木が大きくなって日照不足になったこともあり極端な不作。例年は年少から順に全員が取るのだが、今年は年長だけ。しかも一人1個か2個限定。最盛期の10分の1も採れず、名物梅ジュースは年長だけしか楽しめそうにない。残念だが自然は移ろっていくものである。
190530ume.JPG
posted by Kaede at 23:10 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年05月29日

Rock You

190529tanjo.JPG
5月の誕生会では「ボディパーカッション」というテーマで、職員が子どもたちを誘ってパフォーマンスを演じた。はじめはぎこちなかったが、クイーンの音楽が流れてくると年長の子たちはノリノリになり、中には前に出て踊る子もいた。でも年少の子はほとんど「ポカーン」状態だった。

私、生まれて初めて美容院というところに行きました。と言っても年長T組の美容院ごっこコーナー。鏡の前に座るとYちゃんがやさしくシャンプーをして、髪をとかして、顔に何か塗ってくれる。この手つきはかなりのベテランらしい。しかもお金を払っていないのにお釣りまでくれた。サイコー!
190529biyoin.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌

ご対面

190529shizen.JPG
森で見つけてきたのはシンジュサンという蛾。大きくてとてもきれいで、しかも羽の縁がヘビのような模様に見えます。ちょうど今滞在しているマムシのマム君と対面させてみましたが、子どもたちと違って、全く無関心でした。
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより
2019年05月28日

リラックス

190528kenshin.JPG
園医のK先生に来ていただき、定期健診を行う。お医者さんはとてもやさしいし、緊張しないような雰囲気作りには努めているが、それでも不安になる子もいる。年中のYちゃんも待つ間ちょっと泣きべそ気味だったが、幼稚園にある聴診器(安物だけど本物)で自分や友だちの心臓の音なんか聞きあっているうちに、にこにこ顔が戻ってきた。

こもれびホールにある大型積木などの遊具は、新入園児が慣れるに従って、説明しながら増やしていくが、ほぼ全てが出そろった。そして心はリラックスし、遊びの姿はますますダイナミックになっていく。
190528hall.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ