HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2019年02月16日

自分たちの劇

190216nensho.JPG
劇あそびの会本番。会場も駐車場もいつも以上の混雑だったのは欠席がゼロだったからだろう。保護者のみなさんには窮屈な思いをさせたが、何よりだ。年少S組では橋を渡るヤギたちもすっかり役になり切っている。分かりやすいかどうかより何倍も重要なことだ。
190216nenchu.JPG
年中になると「見られている」という意識がとても強くなる。でも前日まで恥ずかしがっていた子も、今日は大きな声や動作で劇を進行させていた。いざとなればクラスの仲間と一緒にいいものを作りたい気持ちが勝つ。
190216nencho1.JPG
年長は両クラスとも18分もかかる大作だったので、集中力の持続が何より肝心になるが、A組では3人の神様役が要所をしめるいい働きをしていた。もちろんみんなの力ではあるが、ありがたや女神様。
190216nencho2.JPG
年長T組も見応えのある舞台だった。大人向けの迎合はない、自分たちで全てを作って来た劇だからこそ、大団円を迎えた子たちは、達成感に満ちた本当にいい表情をしていた。だから劇あそび。
posted by Kaede at 18:22 | 園長のきまぐれ保育日誌