かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2019年02月28日

2月末

190228eum.JPG
私が授業を担当している音大の学生10名を招き、子どもたちへのミニコンサートを開いてもらった。30分ほどだったが、子どもたちがよく知っている曲や金管アンサンブル、楽器紹介など多彩な内容。進行もリズミカルで表情も素敵だった。成績をもう5点ずつぐらいプラスしてあげたくなったが、もう提出しちゃったよ。

卒園の記念に園庭に埋めるタイムカプセルの穴掘りを始めた。今年の場所は落ち葉で肥えているので掘ると幼虫がどんどん出てくる「幼虫パラダイスだ!」と男の子たちは興奮して叫ぶが、女の子たちは「静かにして!集中できんじゃん」と冷ややか。それと、何しろ木の根っこが多い。今年の年長児は苦労しそうだぞ。
190228ana.JPG
posted by Kaede at 17:44 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年02月27日

なかなかやる

190227isu.JPG
のこぎりと金槌でいすを作り上げた年長のメンバーが、新たに背もたれつきのいすを作った。もっとも今回はフリーの職員が主導しているのだが、角が痛くないよう面取りをするなど、仕上げまでていねいに行っている。

今年は長縄跳びに根気強く取り組む子が多い。年少でも3人跳びを試みる子たちもいて、結構な回数をクリアしていた。年長のおねえさんたちも「なかなかやるじゃないの」という視線を送っていた。
190227nawatobi.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年02月26日

小さい花

190226haru.JPG
タマネギが植わった畑の横で、女の子たちが摘んでいたのはハコベの花。小さい小さい花だけれど、春が来たよ、というメッセージ力は一人前です。
posted by Kaede at 19:02 | 森と庭だより

実証

190226kaedekko.JPG
未就園児親子への園開放日「かえでっこくらぶ」も、今年度は今日と明日で終わり。受付を手伝いたい子の中には、担当部署を巡って小競り合いも発生したが、役に立ちたい、小さい子とかかわりたいという気持ちが強いことの表れ。手押し車に乗せた子を、お姫様のように3人がかりでエスコートする女の子たちもいた。

砂場近くのすべり台にて。「砂がついた靴で立ってすべると、よくすべるんよ」「靴の裏にちょっと水をつけると、もっとすべるよ」。仮説があり答えがあり、その間に体を張った実証がある。それらが限りなく巡るのが豊かな遊び。遊びは学びのためにあるわけではない。
190226suberu.JPG
posted by Kaede at 18:57 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年02月22日

春近し?

190222nejiki.JPG
暖かい日が続きます。かえでの森でウルシを塗ったような枝で冬芽をふくらませているのはネジキという木。宮島では「塗り箸の木」とも呼ばれています。ウグイスの初鳴きも聞こえました。
posted by Kaede at 18:12 | 森と庭だより
Powered by さくらのブログ