HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2019年01月31日

前哨戦

190131oni.JPG
明日は一年の中で最も人気のない行事、節分。でも来るものはしかたない。各クラスでは新聞紙を丸めて攻撃用の「豆」を作ったり、壁に貼った鬼の顔をめがけて投げる練習をしたりして、心の準備を進めていた。年中T組がこもれびホールでやっていたのは、鬼役と子ども役に分かれて闘う、まさに「鬼ごっこ」。

年長では、特に男子の間であやとりが大流行している。日頃は園内を所狭しと駆け回っている「超体育会系」の子たちが、額を寄せるようにして指先に神経を込めている姿は、何とも微笑ましい。
190131ayatori.JPG
posted by Kaede at 18:11 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月30日

その気

190130nencho.JPG
年長T組の劇では子どもが押し入れに閉じ込められるシーンがある。原作では閉じ込められるのは2人だが、役の希望者が多いので劇では約10人が入れる巨大な押し入れが必要になる。降園前にテストしていたが、本人たちがその気になれているからOKなのだろう。

年少なのにブランコを二人乗りでびゅんびゅんこげる子たち。「写真撮ってー」と言われたが、何しろ動きが早い。でも何とか「仕留められる」のは、カメラの高性能化のお陰。次はもっとバッチリ撮りたい。
190130nensho.JPG
posted by Kaede at 18:18 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月29日

トップバッター

190129ume.JPG
いつも春一番に咲き始めるブランコの隣の紅梅。外遊び用のウッドデッキを作るために下枝をかなり切ったので、今年はどうかな、と心配していましたが、例年どおりしっかり花をつけています。
posted by Kaede at 18:04 | 森と庭だより

こわくない

190129nensho.JPG
年少の劇あそびは、まだいろんなお話を試したり楽しんだりしながらだが、それでも少しずつ劇らしくなりはじめている。S組では「三びきのやぎのがらがらどん」をやっていたが、お化けのトロルが「それならとっとと行ってしまえ!」というセリフを「それならとっとと行ってらっしゃい」と言っていた。こんなやさしいお化けならこわくない。

節分が次第に近づき、心がブルーになりがちの子もいる中だが、年中T組で鬼に扮した女子たちはいたって明るい。こんな愛嬌のいい鬼だったらこわくないのにね。
190129nenchu.JPG
posted by Kaede at 17:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月25日

格闘

190125nencho.JPG
昨日も書いたが、年長T組でも劇の演目が決まり、早速道具やお面や衣裳作りが始まった。もの作りは大好きだから、作業は楽しくどんどん進んでいく。問題は劇そのものを作っていく作業の方だ。形がないだけに一筋縄ではいかない。ということが、これからだんだん分かってくるだろう。ヘッヘ。

年中H組の部屋に行ったら、折り紙をしていた3人の子たちから「作り方がわからん」と声がかかった。「どれどれ」と本を見てはじめたが、なかなか難しく、「ちょっと待って」を連発しながら本と格闘する羽目になった。考えてみれば子どもたちと折り紙に没頭するのも何年ぶりだろう。やっと4人とも出来上がったとき、ちょうど片付けの時間になった。
190125nenchu.JPG
posted by Kaede at 16:53 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月24日

スリリング

190124gekidan.JPG
恒例の劇団風の子公演を行った。世界のお話3つを中心に繰り広げる舞台「風の子バザール」は、いつもながらエネルギッシュでユーモラスでスリリングだった(横文字ばっかり)。異国の広場に誘われたような気持ちになった。インドの民族衣装サリーの試着コーナーもあり。保護者Hさんがモデルになってくださった。

子どもたちの日常も次第に劇モードになってきている。議論の末演目が決まった年長児たちは、早速お面や大道具作りを始めている。子どもたちは「ちょっと難しくない?」と思えるような演目を選ぶ。「ちょっとやさしくない?」というものを選ぶことは、ほぼない。絶妙な感覚である。
190124musk.JPG
posted by Kaede at 18:02 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月23日

発見

190123nensho1.JPG
年少H組では、読んだ絵本の影響でフロッタージュ(こすり出し)が流行。そこで担任が予めこすり出した紙を見せながら、園内を巡って「現場」を探すクイズをした。ここかな、という場所に紙を当てて、ぴったりだったらバンザイ。

かえでの森に遊びに行った年少T組に同行。落ち葉が積もった山道は歩くだけでも気持ちがいいが、急な坂は滑りやすくもある。H君はがんばって登ったものの、降りるのが怖くて足がすくんでしまった。すると平気になったA君がすかさずやってきて手を差し伸べる。森ではみんながやさしくなる。
190123nensho2.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月22日

アクション系

190122nencho1.JPG
卒園の時に製作する記念誌には、年長児の写真が一人1ページの大きさで載るが、今日は3分の2ぐらいの子の撮影を行った。希望した場所で写すから、園の室内外を巡り歩くことになる。

しかも今年は「アクション系」で撮影した。つまりサッカーや野球の子はボールを追いながら。固定遊具の子は登ったり降りたりしながら。ブランコの子は思いきりこぎながらの撮影だから、こちらも汗だく。ボツのコマも増えるから枚数は膨大になる。ピアノを希望した子にはこもれびホールのグランドピアノを開放。記念誌が完成するときには卒園だ。
190122piano.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月21日

4日越し

190121koma.JPG
一時下火になっていた年長のコマ回しだが、まだコマをゲットしていない子たちの間でブームが再燃。5回連続回しの5回目は私が見ている前で、というのが条件だが、A君とHちゃんは先週木曜日に4回目まで成功させたのに、木、金は出張で私が不在。そのまま土日に突入。ということで4日も持ち越しになった今日、二人とも5回目を見事に成功させた。それまでのだれよりも派手に喜びを表した。

「緊張してつま先まで冷たくなった」というHちゃんの発言が極限状態を物語っている。感動したっ!
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2019年01月17日

当たり前

190117kenshu.JPG
京都で開かれている、全国都道府県の研究研修担当者会議に来ている。神戸大学の先生の講演は刺激的だった。質の高い保育のカギを握るのは現場の先生たちだということ。そして、だれよりも勉強しなくてはならないのは園長だということ。当たり前のことなのだが。

新しい情報を受け取るとともに、当たり前のことを確認するのも研修の意義。そしていい研修を受けると,早く子どもたちに会いたくなる。でも、明日も研修。
posted by Kaede at 21:42 | 園長のきまぐれ保育日誌