HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2018年03月29日

早すぎ

180329sakura.JPG
もう満開になっちゃってどうするんですか。入園式のころには葉っぱでお出迎えですか。
posted by Kaede at 17:34 | 森と庭だより
2018年03月24日

作業中断

180324hato.JPG
環境整備作業で、剪定した生垣の枝を運んでいた小学生から「給食に出てくるウズラの卵が木の上にある」との報告がありました。はしごを登ってみるとキジバトの巣があり、私の目の前なのに親鳥が帰ってきました。そこでその木の周辺は作業中止。生垣の格好は変になりましたが、まずは巣立ちを見守りたいと思います。
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより

参加御礼

180324sagyo.JPG
保護者にも呼びかけて、春の環境整備作業を行った。ご参加いただいた保護者は25名ぐらい。それに園児や卒園生等が加わりすいぶん大勢になった。暖かい天候にも恵まれ、生け垣の剪定、遊具下の人工芝の清掃、土俵の改修など、予定していた作業を全て午前中で終えることができた。ご協力ありがとうございました。

土が減っていた土俵の穴埋めには、普段どろだんご作りで鍛えている子どもたちの「サラ粉作り」の技術が大いに役立った。
180324sarakona.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月23日

宣言

180323sakura.JPG
ビミョーな開き方の今朝のサクラ。朝は冷え込んでいますが、お昼は暖かくなるということなので、「開花宣言!」
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより
2018年03月19日

注目

180319sakura.JPG
今年はソメイヨシノの開花が去年より早いとのことなので、いつも一番に咲く枝を2階から見下ろしてみました。色はそれらしくなってきましたが、冷たい雨に打たれて、今日は足踏みのようです。
posted by Kaede at 17:17 | 森と庭だより

背伸び

180319tsumiki.JPG
今年度の終業式。「今日は年長がいないけど、こんどはぼくたちが年長になるんだ。ちょっと背伸びしなくちゃいけないけど、ぼくに届かないところなんてない!」ちなみに、このあと積木はくずれたが、また積めばいい。

今のクラスも今日が最後。年少T組のSちゃんは上から下までクラスカラーの黄色で統一した「いでたち」でやって来た。もちろん本人の選択。1学期には「幼稚園行かない!! T組なんかだいっきらい!!」と叫んでいたのを思い出した。
180319nensho.JPG
posted by Kaede at 17:01 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月17日

去りがたく

180317song.JPG
卒園式も37回目。修了証書も2,000人以上に渡してきた。就職活動や選挙への立候補に役立つ紙ではないが、1枚1枚にはかけがえのない根っこの成長のストーリーが込められている。T組では、そんな30人の仲間一人一人の良さを読み込んだ歌を、最後に保護者にも聞いていただいた。

式自体は30分程度で終わるが、その後が長い。去りがたい思いをゆっくりとかみしめていただいているのだと思うと、それもありがたいことである。去りがたいのは子どもたち?お母さんたち?、いや案外「屋根のぼり」に登っている「大きな子どもたち」かもしれない。
180317yane.JPG
posted by Kaede at 20:30 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月16日

あきらめない

180316mamagoto.JPG
年長にとっては最後の通常保育日。朝から先生たちに手紙を配る子、名残を惜しむようにいろんな遊びを次々にやっていく子など、様々な姿が見られた。片付け時間には砂場の遊具もゴミ箱も徹底的にきれいにしてくれた。T組のままごとコーナーでは、女の子たちが食器を一つ一つていねいに拭きあげていた。

そんな中、最後までコマのゲットに挑んだのはKちゃんとR君。Kちゃんは失敗しては涙、気を取り直しては挑戦をくり返し、R君は失敗しても表情を変えず挑み続けたが、残念ながら5回連続には至らなかった。しかし最後まであきらめなかった二人には特に大きな拍手を送りたい。明日は胸を張って卒園しよう。
180316koma.JPG
posted by Kaede at 19:21 | 園長のきまぐれ保育日誌
2018年03月15日

おせっかい

180315glass.JPG
園のお手伝いをいろいろ企画してくださる保護者のサークル「おせっかいくらぶ」のみなさんが、卒園式を前にこもれびホールや職員室の窓ふきをしてくださった。こういうのが始まると黙っていないのが「おせっかい幼年部」の子どもたち。早速作業に加わってキュッキュッ。お陰でガラスはピッカピカ。

園庭の一角、「千年クスノキ」の木陰にあり、ままごとなどに使っている小さなログハウス。この窓にカウンターを取りつけ、外用の丸テーブルとベンチをここに移してみた。「カフェごっこ」ができる素敵な空間になってきた。
180315mamagoto.JPG
posted by Kaede at 18:11 | 園長のきまぐれ保育日誌

小さい自己主張

180315hisakaki.JPG
森の入口ではヒサカキの小さな花が咲いています。葉っぱの陰に隠れるように地味ですが可憐です。でも、香りは結構強くて、これがいい匂いなのか悪臭なのかの評価は分かれるところでしょう。何はともあれ春を告げる臭いです。
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより