HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2017年12月25日

工務店

171225tsuribashi.JPG
園児は休みだが、職員は「かえでの森工務店」の社員になり、新たな遊具を作るなどの作業などを行った。完成したのはロープで作った「吊り橋(仮称)」と「猿渡り(仮称)」。完成後は、まず職員の子どもがテストを兼ねた初渡り。新学期の反応が楽しみだ。

三十数年前に電柱の廃材で作った綱渡り遊具が傷み、また回りの木が大きくなってせせこましくなったために場所を変えてモデルチェンジしたのだが、完成後はその古い遊具の撤去も行った。工務店の社員だから、草刈り機、コンクリートハンマー、グラインダーなども使えるのだ。
171225sagyo.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月22日

クリスマス

171222christmas1.JPG
2学期の終業式と合わせ、クリスマス会を行う。もちろん子どもたちのとっては終業式は「ついで」。今年は残念ながらいつも来てくれるサンタさんが病気療養中で姿を見せなかったが、代わりに手紙でメッセージを送ってくれた。もちろんプレゼントは「サンタ宅配便」で届くよう、ちゃんと手配してくれていた。

職員の出し物は、おばあさんとネズミたちの心温まる物語。そしてクラスに帰った後は、職員が手作りしたプレゼントが、遊び方を説明した後、子どもたち一人一人に手渡された。明日からしばらく冬休み。
171222christmas2.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月21日

総決算

171221nawa.JPG
長縄跳びを楽しむ子が増えている。跳べた回数を記録する「縄跳びカード」の更新を意識している子もいるが、ただ跳ぶのが楽しい子も多い。「でもね、園長先生からカメラを向けられると、何だか知らないけど笑いたくなっちゃうんだよね。笑わないようにしようと思うのに」

年末が近づいたので、いつも金曜日にやっている午後の片付けの時の大そうじを、一日早めて行った。園庭や保育室に一年間の感謝を込めて。
171221soji.JPG
posted by Kaede at 22:07 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月20日

頭が

171220sunaba.JPG
年中の男の子たちが砂場で遊んでいる。手押しポンプから砂場側(左側)に流したいのだが、傾斜がうまくとれず右側に流れてしまう。だから右側に容器を置き、水がたまると砂場に運ぶ。それなら左側の装置はいらないのでは、と言いたくなる。

年長T組の女の子たちが作っていたのは「ユールヤータ」という、デンマーク発祥のクリスマス飾り。色違いの布を上下交互に編んで作る。簡単そうだが案外難しいので「あー頭がごちゃごちゃになる−」とか言いながらも、辛抱強く挑んでいた。
171220kazari.JPG
posted by Kaede at 19:04 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月18日

こどものつぶやき 12月

(「赤鼻のトナカイ」の替え歌?)
♪つらいときには キラキラの〜 おまえのあたま やくにたつのさ♪
(暗い夜道はピカピカのお前の鼻が役に立つのさ)

(S,年長)



(コタツの中で、足の小競り合い)
子「かぁちゃんやめてよー!」
母「え?なんのこと?かあちゃんちゃうよ。おばけじゃない?」
子「おばけにあしはないよ」

(D,年中)
171201tsubuyaki.JPG
posted by Kaede at 16:35 | 子どものつぶやき

ところ変われば

171215block.JPG

171215tosho.JPG
先月の上海、南京に続き、今回は台北での研修会に招かれた。研修は土日だが、その前後にいろいろな園や小学校を見学させていただいた。見学した園の共通点は、とにかくコーナー遊びが充実しているところ。ブロック、積木、工作、お店など部屋中にコーナーがあり、そこには驚くほどたくさんの素材やパーツが揃えてある。小学校では図書室の充実に目を見張った。カフェのようなテーブルやいす、一人でこもれるスペース、検索用のパソコンなどが揃っており、保護者のボランティアだという係が5人も。授業中だったが、生徒が来て授業で必要な本を探していた。

最後に行った幼稚園は雨の多い地域なので長靴とレインコートが標準服。そして驚いたのは、動物の部屋があり、珍しいヘビ、トカゲ、巨大なクモなどが飼われていて、専任の「学芸員」が常駐していること。これらの動物はこのお兄さんの「私物」だそうだ。
171218rain.JPG

171218snake.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月13日

がんばります!

171213kome.JPG
年中、年長の4クラスが田んぼに集まり、米作りで出たワラなどを撒いて来年に備えた。これが年長にとっては最後の仕事、年中にとっては初めての仕事である。撒いた後は引き継ぎが行われた。「何て言う?」と問いかけると、年長からは「がんばってね」「よろしくお願いします」など「年中からは「分かりました」「がんばります」などの言葉が出た。その後、年長児はこもれびホールにテーブルを並べ、作ったお米を食べる「収獲祭」を行った。1年が巡ったという実感がある日だ。

「メリークリスマス!」という声とともに職員室のドアが勢いよく開き、年少T組の子たちが入ってきた。ストーブで焼いたホットケーキを持ってきてくれたのだ。フルーツなどのトッピングもあり、「食べてもいいよ」と私に差し出した。
171213cake.JPG
posted by Kaede at 19:44 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月12日

やりたい!

171212music.JPG
父母の会主催で、山口県岩国市を本拠に活躍する女性5人の音楽グループ「おんがくこうじょう」のライブを数年ぶりに行った。コミカルでノリのよい音楽に、みんなハッピーな顔になっていた。園児が前に出る「参加コーナー」の出場者募集では、たくさんの手が上がった。楽しそうだとやりたくなるのは自然の流れ。

朝はぐっと冷え込み、今年初めての積雪があった。と言っても木製遊具の上などにうっすらとあるだけ。早く来た子はわずかな雪を求めて、少しでも手が届くところはかき集めようと涙ぐましい努力を重ねていた。
171212snow.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月11日

平年並み

171211nuka.JPG
年長の米作りもいよいよ大詰め。皮をむいた玄米を精米する作業を2クラス合同で行った。と言ってもここだけは機械頼み。玄米を4合ずつ精米機に入れて、7分づき程度にぬかを取る。とれたぬかは少しずつ配って食べてみる。美味しいと言うような味ではないが「きな粉みたい!」などとなかなか好評。お肌にもいいんだよ、という耳寄りな話も聞いたから、とりあえずほっぺにすり込んでみる男子たち。

精米が終わり、いよいよ計量。カップで数える職員の手元に視線が集中する。今年の収獲は1升5合。まずまず平年並みだったので、われわれも何となくホッとした。これを食べる「収獲祭」が楽しみだ。
171211keiryo.JPG
posted by Kaede at 19:20 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年12月08日

おんがくこうじょう。コンサートのご案内


日時 12月12日(火)
10:30〜(開場10:00)
会場 かえで幼稚園 こもれび
ホール
☆入場無料です

父母の会主催のコンサートに「おんがくこうじょう。」さんをお招きします。音楽が純粋に大好きなメンバーのみなさんが、楽しみながら遊びながら音楽を通して【みんなに笑顔になってほしい!】の信念のもと、幼稚園や学校、福祉施設等で出張ライブをされています。

子どもたちと一緒に音楽で楽しいひとときを過ごしましょう。

・小さなお子さま連れも大歓迎です。
・上履きをご持参ください。
posted by Kaede at 17:26 | 父母の会