HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2017年05月18日

心の洗濯

170518tanbo.JPG
年長の米作りもいよいよ現場での作業が始まった。はじめは冬の間寝ていた田んぼの土をスコップでひっくり返す「田起こし」。これが案外難しいが、「お好み焼きの要領で」と伝えれば広島の子には分かる。担任ががんばっていると「先生、男っぽい!」と声援(?)が飛んだ。

放課後には1年生を迎える「みんなに会えるデー」が行われ、ほとんどの卒園生が集まってくれた。園庭で思い切り遊び、部屋に入って再会を祝う乾杯をし、小学校の話に花が咲かせた。幼稚園時代に戻ったような小トラブルもあったが、「心の洗濯」になったことだろう。
170518aeru.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年05月17日

実演

170517sokai.JPG
保護者の団体「父母の会」の定期総会が、市の図書館会議室で開かれた。議事がとどこおりなく終了した後は、保護者のサークルが実演つきで紹介される。市の体育館を会場にして集まっているソフトバレーのサークルも、狭いところながら練習風景を披露。

この季節のお弁当は外で食べると気持ちがいい。今日は年少S組も園庭にござを広げて食べた。丸めて片づけているところだが、「ござ」。この日本の文化がここではまだ生きている。
170517goza.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年05月16日

新鮮

170516sushi.JPG
年長T組では寿司屋が開店。ねじり鉢巻きも勇ましく、「いらっしゃい!」の声も元気いっぱい。注文が入ってからすぐに握るからネタは新鮮。だからたくさんの人が押しかけるのもごもっとも。そしてネタが減ったら板さんが「あっ!魚がなくなった。釣ってきまーす!」と飛び出していく。産地直結!

大きな地震を想定した避難訓練を行った。初めてのことだし、ベルの大きな音も鳴るから、年少児の中に泣き出す子がいるのも無理もない。全員無事に避難し、注意事項も聞いたので、お寿司屋さんも一休み。
170516hinan.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年05月15日

目力

170515kome.JPG
1週間前に種もみの消毒でスタートした年長の米作りだが、2回目の作業となる「苗代(なえしろ)作り」を行う。1週間で白い芽が出た種もみを、いちごパックで作った苗代に移す。そしてここから水やりなど子どもたちの作業が始まる。また、田んぼでの力仕事も間もなく始まるが、この目力(めぢから)なら大丈夫そうだ。
posted by Kaede at 19:17 | 園長のきまぐれ保育日誌

ホトケノザ

170507hotoke.JPG
畑に生える雑草ではありますが、摘む子も多いのがホトケノザ。赤紫の花が蓮台に乗った仏像のように見えませんか。だから「仏の座」。
posted by Kaede at 18:50 | 森と庭だより
2017年05月12日

歩こう

170512ensoku2.JPG
暑くも寒くもない気候の中、春の遠足が行われた。目的地は園から2kmあまりの高台にある公園。年長児は園から、年中児は途中までバスで行って1.5km。年少児はさらにバスで近づいて0.5kmを歩いた。そして年中、年長は帰りも公園の一角ながら鬱蒼と茂っている雑木林を歩いて下りた。

公園の総合遊具は人数の割には少々小さめだが、芝生やクローバーが生えた広いスペースがあるので、子どもたちはさまざまな遊びを見つけ出し、充実した一日を送った。園に帰った後、雨が降り始めた。
170512ensoku1.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年05月11日

広がるフィールド

170511mori.JPG
自然林の遊び場「かえでの森」が今日から「グランドオープン」。早速急斜面を登ってみる年少児たちの姿も見られた。森に張り出したステージは、実は園庭と同じ高さなのだが、下から上がってくると達成感を感じる展望台のような気分になる。夏のような天気だったので、葉っぱが大きくなった日陰の森は一層心地良い。

もう一つ解禁されたのが手押しポンプ。こちらでも早速年少児たちが、大きい子たちのようにホースをつなげてみたりしていた。
170511pump.JPG
posted by Kaede at 18:32 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年05月10日

こどものつぶやき 5月

(散歩道でてんとう虫を発見)
母:「わぁ てんとう虫さん かわいいねぇ。」
子:「うん おべんとむしさん」
母:「…てんとう虫さん バイバーイ」
子:「おべんとむしさん またね。」
母:(『おべんと虫?いいかもしれない…)

(年少・A)



(かえでの森のタケノコで作った煮物)
スーパーでかうみたいにおいしいね!
おかねはらってないけどだいじょうぶ?

(年長・A)
170501tsubuyaki.JPG
posted by Kaede at 08:52 | 子どものつぶやき

上手なケンカ

170510kemushi.JPG
昨日の「虫愛づる姫君」たち。朝から毛虫を求めて園庭を鵜の目鷹の目で歩いている。見つけると触ってもいいかどうかを私に聞く。「大丈夫だよ」と言っても、まず「触ってみて」と私を実験台に使う。今日は実物と『イモムシ図鑑』とを見比べていた。「愛好会」から「研究会」にバージョンアップしたようだ。

遊びが活発になりバリュエーションが増えてくると、トラブルが増えるのも自然の成り行き。今日も手押しポンプの順番を巡って男女四つ巴の小競り合いがあったが、ケンカも上達するもので、相手にケガをさせるような行動は見られなかった。子どもは「お互い様」を重ねながら成長する。
170510pump.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2017年05月09日

食物連鎖

サクラ、フジに続いて園庭で満開になっているのはシイの木の花。見た目は地味ですが香りは強烈。今日は野鳥のヤマガラが花の周りを活発に飛び回っていましたが、蜜を求めてやってくる虫をねらっているのでしょう。
170509yamagara.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 森と庭だより