HOMEお知らせを全て表示 > 過去ログページ
オフィシャルサイトブログサイト
2016年11月30日

挑む、競う

161130shii.JPG
美味しいドングリ、シイの実も、低い枝のものはほとんどなくなった。見えるけれども届かない実をゲットするために、昨日は木に登って「枝揺すり作戦」を展開していたR君だが、今日は「棒を持ってジャンプ作戦」。子どもたちの挑むエネルギーは、食べ物がからむとさらに膨らむ。

先頭を争っている子たちが目指すのは、遊具「屋根のぼり」。「ようい、ドン」でだれが早くてっぺんに上がるかを競っている。競うことも子どもを夢中にさせる大事な遊びの要素。
161130yane.JPG
posted by Kaede at 17:07 | 園長のきまぐれ保育日誌
2016年11月29日

2017年度の入園受付状況について

2017年度の入園受付状況については以下の通りです。(11月29日現在)

<募集人員>
■3歳児[2013年(平成25年)4月2日〜2014年(平成26年)4月1日生]

あと1名受付可能です。


■4歳児[2012年(平成24年)4月2日〜2013年(平成25年)4月1日生]

定員に達しましたので、補欠での受付となります


※随時更新していますが、更新後の新規受付により実際の人数は
 減っている場合があります。予めご了承ください。

※入園募集について詳しくは『入園募集について』をご覧下さい。
posted by Kaede at 16:52 | 園からのお知らせ/行事予定

大きい森

161129mori.JPG
かえでの森の、通称「大きい森」にも、このところ毎日どこかのクラスが出かけている。年少T組が「おはなし広場」で絵本を読んでいたら、先に入っていたH組が下から登ってきたので、絵本は中断して「おかえりー!」「○○くーん!」などとあいさつを交わした。紅葉、落葉で日々表情を変える今がベストシーズン。

年長組の米作りは「もみすり」の段階に来ているが、実はこれが一番時間がかかる。来る日も来る日もすりこぎで回し、米粒と殻をより分ける作業が続く。「一日1回はやろうね」が合言葉。
161129kome.JPG
posted by Kaede at 16:36 | 園長のきまぐれ保育日誌
2016年11月25日

プリマドンナ!

161125tanjo.JPG
11月の誕生会。誕生児は今まででおそらく最多の27人!。出し物は3人の保護者による音楽劇。ソプラノとピアノと、シンプルな道具立てや振り付けで演じられる「アリとキリギリス」を元にしたオリジナルの物語に、子どもたちもうっとりとした顔をしていた。職員も一部参加し、コミカルさをつけ加えた。

「幼児ふれあい体験」という家庭科の授業で地元の中学生がやって来た。子どもたちと遊び、私の話を聞き、持参した自作の遊びを試してみる2時間の内容。3人の中学生が操作する「モグラたたき」は特に好評だった。1月まであと3クラスが来る予定。
161125mogura.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2016年11月24日

待ってました!

161124shobo.JPG
遊びの時間に予告なく非常ベルを鳴らし、避難訓練を行った。年少では泣き出す子もいたが、全般的には冷静に速やかな行動ができた。練習だと分かった後消防車が園庭に入ってくると「待ってました!」と叫ぶ子もいた。職員の消火器訓練の後消防車を見せてもらったり、ホースの先につけるノズルを持たせてもらったが、こういう時の子どもは得意そうだけど、ちょっと緊張した顔になる。

鮮やかな紅葉のイロハモミジも落ち始めた。年少の子は紅葉の葉っぱを拾って遊んでいたが、年長の子は食べられるシイの実探しに没頭。「花より団子」である。
161124shii.JPG
posted by Kaede at 17:58 | 園長のきまぐれ保育日誌
2016年11月22日

忙しい年長

161122kome.JPG
振休明け、年長児は中断していた米作り作業を再開。早速手作業による脱穀を行った。もっとも私は保育誌の取材を受けていて、脱穀の取材という、私の仕事ができず残念。作業が終わった後の米は、見る限りまずまずの出来のようだ。その後のクラスでは次の作業、「籾すり」の説明が行われていた。まだまだ先は長い。

「そうさくらんど」という大きな行事が終わった後の子どもたちから、どこか達成感のような、開放感のようなものを感じるのは、こちらの気持ちの反映だろうか。園舎裏のターザンロープで子どもが揺れると、大きなモミジバフウの落ち葉が舞い上がった。
161122ochiba.JPG
posted by Kaede at 22:14 | 園長のきまぐれ保育日誌

12月クリスマス会&1月かえでっこくらぶについて

12月クリスマス会
日時:12/17(土)
受付:9:20〜9:40まで ※いつもと時間が違います。
内容:クラスで遊ぶ(こもれびホールにて「ミニ講演会」)、ミニクリスマス会
終了時間:11:30頃



1月かえでっこくらぶ
日時:1/17(火)、18(水)どちらか1日
※予約受付は12月19日から開始します。
posted by Kaede at 09:01 | かえでっこくらぶ
2016年11月20日

そうさくらんど2016

161129sosaku2.JPG
「そうさくらんど2016」開催。今年は特に卒園生やその保護者の姿が目立った。「お久しぶり−」「ご無沙汰しています」のあいさつがしばしば聞かれた。子どもの世界に触れることが秋の行楽の一環みたいに位置づけてられているのなら、それも大変結構だ。

特別展の出展者は、卒園生のお父さんでもある、にしもとおさむさん。こもれびホールのワークショップもプロデュースしていただいたが、みんなに参加していただく壁面では、たくさんの「バンザイマン」ができ、等身大に近い「胴上げマン」もしっかり宙に舞った。おめでとう!
161120sosaku1.JPG
posted by Kaede at 00:00 | 園長のきまぐれ保育日誌
2016年11月19日

そうさくらんど前夜

161119hall.JPG
園児は休みだが、父母の会役員さんのご協力をいただき「そうさくらんど2016」に向けての最終準備を行う。こもれびホールのワークショップは「みんなで胴上げ、紙工作ワンダーランド」という企画。特設の水色の壁の上には、胴上げされるほぼ等身大の人形も飾られた。

各クラスの展示も夕方までには準備完了。さあ、もの作りと遊びの祭典がスータト、じゃなくてスタートします!
161119start.JPG
posted by Kaede at 21:46 | 園長のきまぐれ保育日誌
2016年11月18日

もみじだより

161118kaede.JPG
かえで幼稚園のシンボルツリーであるイロハモミジも紅葉が進んできました。「そうさくらんど」では、園庭の紅葉もお楽しみください。
posted by Kaede at 19:20 | 森と庭だより