かえで幼稚園の子どもたちは自然に囲まれた中で頭と体と心をフルに使って遊びを創り続けています。(広島県廿日市市:宮島を見下ろす高台の幼稚園)

2023年01月27日

不審者

230127match.JPG
金曜日恒例(?)の焚き火を行ったが、マッチでの着火に年長児たちが食いついてきた。マッチに火がついても急ぎすぎたり慎重すぎたりしては紙に燃え移らない。3人が交代で10本ぐらい失敗した後、やっと着火に成功。火がついたら満足したのか、暖まることなくどこかに行ってしまった。
230127nencho.JPG
劇の演目の候補を2つまで絞り込んだ年長T組だが、そこから2つの陣営に分かれてどちらも譲らない。そこで代表者がジャンケンで決着をつけることになった。勝ったグループは抱き合って喜び、負けたグループには泣き出す子もいた。しかし、午後には決まった演目に必要な大道具をみんなで作り始めていた。
230127kaizoku.JPG
この時期、園内では不審者があちこちで出没する。まず海賊のカシラと手下。
230127kuma.JPG
園庭を闊歩するのっそり熊
230127kama.JPG
鋭い動きのカマキリ
2301127oni.JPG
おしゃれだけど、実は最強の鬼
posted by Kaede at 20:51 | 園長のきまぐれ保育日誌
2023年01月26日

冬景色

230126ice.JPG
今朝も冷え込み、園庭のあちこちでは分厚い氷が見つかった。年長の子たちがいろいろな形のものを集め、氷屋さんを開業。その一つをカメラにかざすとモザイク加工みたい。「私はだれでしょう?」クイズができる。
230126tsugumi.JPG
「大人のスズメが死んどる」と言われて行くと、野鳥が倒れていた。色合いはスズメに似ているし確かに大きいが、これはツグミ。「冬に遠い国から海を渡って日本に飛んでくる鳥だよ」などと説明し、懇ろに葬る。
230126beans.JPG
年少H組の子たちが保育室の前で育てている豆を少しずつ食べている。日当たりが良いところとはいえ、この寒さで収穫できるとは驚き。
230126aozora.JPG
大道具がどんどんできているクラスもあるが、年長A組のように、まだお話を作っている最中というクラスもある劇あそび。「みんなの役がいっぱいある」「悪者をやっつける」「何度も生き返る」など、子どもたちから出てきた条件に合うお話を作るには、まだ時間がかかりそう。
posted by Kaede at 15:59 | 園長のきまぐれ保育日誌
2023年01月25日

雪とともに

230125skeleton.JPG
昨日からの雪が溶けず、園周辺の道路が例によって大混雑になったので、やむを得ず送迎できる人だけの自由登園とした。約半数の園児がやって来て、今年度初めての雪遊びを存分に楽しんだ。土山からのそり滑りは少し勇気がいる。年少Aちゃんは、1回目は担任と二人乗りでしがみつくように乗っていたが、次は友だちと二人で、そして一人で、最後にはうつ伏せの姿勢になる、スリル満点のスケルトン滑りにまで挑戦していた。
230125kaze.JPG
雪合戦では、遊具風の塔に登り、下にいる大人めがけて攻撃する子たちがいた。確かに高い方が断然有利である。戦国武将たちが山の上に城を築きたがったのがよく分かる。ただし武器(この場合雪)がなくなると、打つ手もなくなる。
230125mori.JPG
自然観察のプロK氏が来られたのを幸いに、年長有志はかえでの森へ。普段とは表情が違う雪の森を観察したり、自然遊びを教わったりしながら1周コースを楽しんだ。今日でなくては味わえない遊びが全員でできないのは残念だが、高台にある幼稚園の宿命だろうか。
230125nensho.JPG
年少は3クラス合わせても20人ほどだったので、こもれびホールで合同の劇あそびをやってみた。もちろん初めてだが、みんなが知っている話なので結構即興でも楽しめる。(職員撮影)

posted by Kaede at 17:38 | 園長のきまぐれ保育日誌
2023年01月24日

贅沢な時間

230124gekidan1.JPG
40年近く前から毎年行っている劇団風の子の公演を全園児で楽しんだ。今年もわくわく感満載の、内容の濃いお芝居を見せていただいた。手を上げたり下げたりして答えるテンポの速いクイズのコーナーでは、子どもたちも大ノリで、間違っても大きな笑い声が起こった。
230124gekidan.jpeg
「アジアのファッションショ−」というコーナーで、インドのサリーが登場したときには、「女の子たちの目がキラキラ輝いていましたね」と、劇団員さんの弁。贅沢な1時間だった。
230124castle.JPG
一方、園児たちの「劇団楓(かえで)の子」でも、大道具作りなどが進んでいる。年中T組を覗くと、あれ!?、この間壊したはずのお城が、またできてるぞ。よほど好きなんだね。
230124snow.JPG
お昼過ぎから雪が降り始め、やがて吹雪のように吹き荒れて体感温度が急降下。サッカーをがんばっていた子たちもさすがに撤収。子どもたちは大はしゃぎだが、明日は大丈夫だろうか。

posted by Kaede at 19:13 | 園長のきまぐれ保育日誌
2023年01月23日

雨上がり

230123fens.JPG
雨上がりには園舎西側の新しいフェンスにきれいな雨だれが並ぶ。
230123fens2.jpg
そこに慎重に指先を持っていくと、雨粒がきれいに指先に移る。美しい遊びだ。
230123tarzan.JPG
一方、雨上がりのターザンロープはスリルある遊び。水たまりを避けて着地する技術が問われる。まともに水を浴びて着替えた子もいたが。
posted by Kaede at 18:10 | 園長のきまぐれ保育日誌
Powered by さくらのブログ